ニュース

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > ニュース > ミテ☆ミテ > 虫ん坊 11月号

ミテ☆ミテ

  • 虫ん坊 11月号

  • (2013/10/31)

  • 特集1:映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ —終わりなき旅—』 東映アニメーションプロデューサー ギャルマト ボグダンさんインタビュー
    特集2:『鉄腕アトム』(1980年版)中国語アフレコ現場レポート!
    オススメデゴンス: 『雨のコンダクター』
    コラム:手塚マンガ あの日あの時 第31回:マンガ家&編集者、今昔物語!!
    投稿 虫ん坊読者の広場
    編集後記 今月のひとこと


    虫ん坊読者の広場では、みんなの投稿を待ってるよ!

    TezukaOsamu.netの投稿コーナーからでも、メールでも、ハガキ・手紙でもOK!
    次回、2013年12月号のお題は…

    テーマ投稿・手塚マンガでほしいアイテム!

    12月といえばクリスマス! クリスマスと言えば、プレゼント! そこで、手塚マンガに出てきたアイテムで「これはほしい!」とあなたが思っているものをイラストやメッセージで教えて下さい。


    その他手塚キャラクターのイラスト募集!

    大人気の『リボンの騎士』や『ブラック・ジャック』他、あなたの大好きなキャラクターを投稿してみよう!
    もちろん、マイナーな作品でもOKです!


    新企画! アナタの町の手塚キャラ・・・

    飯能市のアトム像、宝塚市の記念館前の火の鳥のみならず、案外いろいろなところに点在している手塚キャラクター。町で見かけた手塚キャラを写真にとって送ってみよう!

    撮影場所を市町村単位で書いて送ってくれるとなおGOODですが、プライバシーにかかわる場合は伏せてもオッケーデス。画像の質は特に問いません。気軽に撮って送ってね。

    詳しくは、2013年11月号の投稿コーナーを見てみてね!

  •  

  • コメント一覧
  • ゆうきますみ さん  2013/11/02 09:58:15
  • コラム「第31回:マンガ家&編集部、今昔物語!!」は興味深い内容でした。
    テレビドラマ『神様のベレー帽 〜手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話〜』の放送は、
    まだ皆様の記憶に新しいかと思われますがどうでしょう。

    私は知人のつてである漫画家さんの作業現場を見学させて頂いた事があります。
    コラムにもあるように、現在の漫画の製作方法は先生で異なるものの、私が見学したところでは、
    白黒はアナログ(Gペン・ミリペンなど)で、カラーはデジタル(フォトショップ・ペインターなど)でされていました。

    編集者(担当)と漫画家さんのやりとりは実際に見た事はありませんが、ストーリーや絵柄にはその時の流行というものがあり、担当に「こういうふうに絵柄やストーリーを持っていくようにしましょう」と提示される事によって作者は、
    「自分はこういうものが描きたいけれど担当に軌道修正や自分の作品をいじられてしまう部分には若干の不満がある」
    とこぼしていました。
    本当に自分が好きなものを自由に描けるのは同人誌だけのようです。

    あと、漫画家やアシスタントを目指されている方は、デジタルも少し使えないと厳しいみたいです。
    コミックスタジオ・フォトショップ・イラストレーター・ペインターあたりは使えるようにしておいたほうが採用に有利のようです。

    最後に肝心な漫画家の作業環境ですが、手塚先生の頃よりハードではなくなっているものの、基本的にタイムカードが存在しない職業です。作家さんはゴールデンウィークや祝日に資料の写真集めに出かけたり、デッサンやクロッキーの自習練習を定期的に行うなど、完全なオフが無いに等しい職業です。
    そして仕事の過酷さに体調を崩され、休載せざるを得ない作家さんも多いみたいです。

    いろいろ書かせて頂きましたが、「漫画家やアシスタントを目指されている方」その他、
    「漫画家の裏側に興味がある方」は、読むと面白いコラムになっています。
    当時の手塚先生の絵が掲載されている少年チャンピオンの画像も掲載されているので、
    単純に「手塚先生の原稿が見たい」という方にも楽しめるコラムです。
  • 表示件数:
  • 1 

  • コメントを入れる ネーム
    コメント

最新ニュース