TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 2017年3月号 特集1:TVアニメ『アトム ザ・ビギニング』始動! 佐藤竜雄監督インタビュー

虫ん坊 2017年3月号 特集1:TVアニメ『アトム ザ・ビギニング』始動! 佐藤竜雄監督インタビュー

 月刊ヒーローズにて絶賛連載中! “鉄腕アトム”誕生までの物語を描く『アトム ザ・ビギニング』のTVアニメ放送が決定、2017年4月よりNHK総合テレビにていよいよスタートします。
 虫ん坊ではアニメ化を記念し、現在、制作進行中の本作について、監督を務める佐藤竜雄さんにいろいろお話を伺いました。あわせて、制作現場の風景もお届けします!

特集1


虫ん坊 2017年3月号 特集2:めざせ「自動車事故ゼロ ラッピングシャトル運行開始!!

虫ん坊 2017年3月号 特集2:めざせ「自動車事故ゼロ」! ラッピングシャトル運行開始!!

 大宮駅に鉄腕アトムをはじめ手塚キャラクターが描かれたラッピングシャトルが登場!
 その正体は、大宮駅(埼玉県さいたま市)を起点に運行する小さな電車、ニューシャトル。2月10日から運行が開始されたこのラッピングシャトルは、埼玉県警察と埼玉新都市交通(株)(以下、ニューシャトル)による自転車事故防止の啓発を目的とした取り組みの一環で考案されたものなのです。
 今回の虫ん坊では、埼玉県警察とニューシャトルのご担当の方に運行の背景や自転車事情についてお話をうかがいました。
 なぜ電車に「自転車事故防止」のラッピングがされたのか? そこには、ニューシャトルならではの理由があったのです。

特集2


虫ん坊 2017年1月号 オススメデゴンス!:『鉄腕アトム アトム復活の巻』

オススメデゴンス!:『三つ目がとおる』ゴダル編

『三つ目がとおる』ゴダル編
★5巻所収!!

 3月です。3月といえば、卒業式、ホワイトデー、ひなまつり、3月のライオン、3分クッキングetc、諸々ありますが、「3」のつく手塚マンガの代表作といえば……、ずばり『三つ目がとおる』でしょう!

 今回のオススメデゴンス! では、京都を舞台に“入れ替わってる?!”展開あり、三つ目人同士のバトルあり、古代文明の謎も絡みあうなど盛りだくさんの要素が詰め込まれているゴダル編をご紹介!

オススメデゴンス!


虫さんぽ 第51回:鎌倉界隈 早春の風を浴びて手塚マンガにまつわる歴史と伝統を歩く!!

虫さんぽ 第51回:鎌倉界隈 早春の風を浴びて手塚マンガにまつわる歴史と伝統を歩く!!

 関東地方でも有数の観光地・古都鎌倉。今回の虫さんぽはその鎌倉が舞台となった手塚マンガの風景を訪ね歩きます。さらに手塚マンガの人気キャラクターをあしらった素敵なお土産品もご紹介っ! 春を呼ぶ強風の中、虫さんぽ隊は嵐をつんざいて突き進むぜ~~~~~っ!!

コラム


投稿:虫ん坊読者の広場

投稿作品、ありがとうございました!

 3月29日より、阪急うめだ本店にて「手塚治虫の美男美女展~優艶~」が開催されます。豪華クリエイター陣が手塚キャラの“艶”を描くイラストを展示のほか、Pixivで開催された「手塚キャラクターイラストコンテスト」での優秀作品も飾られるとのこと。力作ぞろいの中、選ばれたのどの作品でしょうか。気になります!

 みなさん、どんどん投稿コーナーにもお便りをください! もれなく担当がよろこびます。

投稿


編集後記:今月のひとこと

編集後記:今月のひとこと

 手塚治虫生誕90周年に先駆け『ATOM プロジェクト』を発足、第一弾として、『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』が発売されると発表されました。
 高さ約44cm、重さ約1・4kgの「ATOM」が実際に動いて絵本を読み聞かせたり、一緒にラジオ体操をしたり、顔認証で年齢を当てたりしながら、最後にはなんと、主題歌をアレンジしたラップまで披露!!
※「フリースタイルダンジョン」さま、出演依頼お待ちしております←
 4月4日に創刊、 最終号は2018年9月に発売予定となっています! 気になるお値段は18万4474円(税抜き)!! 一家に一アトム!! いかがでしょう!

 また、毎年恒例となっている「第21回手塚治虫文化賞」の最終候補作品が決定!!
 野田サトル『ゴールデンカムイ』、 梅田阿比『クジラの子らは砂上に歌う』、高浜寛『SAD GiRL』、雲田はるこ『昭和元禄落語心中』、丹羽庭『トクサツガガガ』、大月悠祐子『ど根性ガエルの娘』、くらもちふさこ『花に染む』、星野之宣『レインマン』の8タイトルがノミネート。
 今年はどの作品がマンガ大賞に選ばれるのでしょうか! 昨年の記事を振り返りながら、発表を待ちましょうY(´ㅂ`)Y!

編集後記:今月のひとこと

カニミソ



バックナンバー

2017年 8月号(185) 7月号(184)
  6月号(183) 5月号(182) 4月号(181) 3月号(180) 2月号(179) 1月号(178)
2016年 12月号(177) 11月号(176) 10月号(175) 9月号(174) 8月号(173) 7月号(172)
  6月号(171) 5月号(170) 4月号(169) 3月号(168) 2月号(167) 1月号(166)
2015年 12月号(165) 11月号(164) 10月号(163) 9月号(162) 8月号(161) 7月号(160)
  6月号(159) 5月号(158) 4月号(157) 3月号(156) 2月号(155) 1月号(154)
2014年 12月号(153) 11月号(152) 10月号(151) 9月号(150) 8月号(149) 7月号(148)
  6月号(147) 5月号(146) 4月号(145) 3月号(144) 2月号(143) 1月号(142)
2013年 12月号(141) 11月号(140) 10月号(139) 9月号(138) 8月号(137) 7月号(136)
  6月号(135) 5月号(134) 4月号(133) 3月号(132) 2月号(131) 1月号(130)
2012年 12月号(129) 11月号(128) 10月号(127) 9月号(126) 8月号(125) 7月号(124)
  6月号(123) 5月号(122) 4月号(121) 3月号(120) 2月号(119) 1月号(118)
2011年 12月号(117) 11月号(116) 10月号(115) 9月号(114) 8月号(113) 7月号(112)
  6月号(111) 5月号(110) 4月号(109) 3月号(108) 2月号(107) 1月号(106)
2010年 12月号(105) 11月号(104) 10月号(103) 9月号(102) 8月号(101) 7月号(100)
  6月号(99) 5月号(98) 4月号(97) 3月号(96) 2月号(95) 1月号(94)
2009年 12月号(93) 11月号(92)        
バックナンバーは掲載当時の情報のため、過去の情報については保障致しかねます。あらかじめご了承ください。

UP!