TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 2016年7月号 特集1:今年はイベント盛りだくさん!第20回手塚治虫文化賞贈呈式レポート

虫ん坊 2016年7月号 特集1:今年はイベント盛りだくさん!第20回手塚治虫文化賞贈呈式レポート


 5月29日、第20回手塚治虫文化賞贈呈式が行われました。今年は20周年を記念し、豪華ゲストを迎えた記念イベントのほか、同日に朝日旅行主催「手塚治虫ゆかりのスポットを巡る」バスツアーを開催。
 普段は公開されていない手塚最後の仕事場を見学するほか、トキワ荘通り、並木ハウスのある雑司が谷周辺を巡ります。文化賞の記念イベントでバスツアーを開催するのは今回初めての試みです。
 虫ん坊スタッフは、記念すべき第1回目のバスツアーの様子を虫ん坊読者の皆さんへお伝えすべく一般参加に紛れ(?)ゆかりの地を巡ってきました! 後半では、文化賞贈呈式・記念イベントもレポートしますよ〜!

特集1


虫ん坊 2016年7月号 特集2:せたがやこどもプロジェクト2016 『ワンサくん』インタビュー!!

虫ん坊 2016年7月号 特集2:せたがやこどもプロジェクト2016 『ワンサくん』インタビュー!!

 手塚治虫の知る人ぞ知る名作『ワンサくん』が、この夏、キッズ・ミュージカルとして帰ってきます!
 『ワンサくん』は、元々、企業のマスコットキャラクターとして誕生しました。その後、1971年にマンガの『ワンサくん』として連載開始、1973年にはアニメ化もされ、原作とはまた違う味わいのある、コミカルでミュージカル調な作風が当時の子どもたちに人気でした。
 今月の虫ん坊では、キッズ・ミュージカル「ワンサくん」について、演出を手掛ける小林顕作さんと脚本を担当された喜安浩平さんに色々お話を伺うほか、見事、オーディションでワンサくん役に選ばれた、みのりくんと鈴木颯人くんにそれぞれお芝居に対する意気込みなどを語っていただきました。

特集2


虫ん坊 2016年7月号 オススメデゴンス!:「人間ども集まれ!」

 『ワンサくん』、『ジャングル大帝』、『カノン』に続き、ナンセンス風刺マンガの決定版『人間ども集まれ!』も舞台化!
 まつもと市民芸術館のレジデントカンパニー[TCアルプ]が公演を手掛け、脚本・演出は舞台『アドルフに告ぐ』の木内宏昌氏が担当します。
 ⇒くわしくはこちら
 ⇒動画コメントはこちら

 今月のオススメデゴンス! では、タイトルからしてインパクト絶大な『人間ども集まれ!』をフィーチャー!

オススメデゴンス!

オススメデゴンス!:「人間ども集まれ!」


虫ん坊 2016年7月号:虫さんぽ 第47回:東京−神奈川、怪奇マンガ『バンパイヤ』の名場面を歩く

虫ん坊 2016年7月号:虫さんぽ 第47回:東京−神奈川、怪奇マンガ『バンパイヤ』の名場面を歩く

 手塚治虫が1966年から67年にかけて雑誌『週刊少年サンデー』に連載した怪奇マンガ『バンパイヤ』。オオカミに変身する能力を持った少年が主人公のこの作品には、実在する、あるいはかつて実在した地名や駅名、建物の名前などが数多く登場します。そのうちのいくつかは過去の虫さんぽでも紹介していますが、今回は東京都心の銀座から横浜方面へ向かうルートを引いて、『バンパイヤ』に描かれた名場面の舞台のいくつかを訪ね歩いてみようと思います。題して“東京−神奈川バンパイヤさんぽ”、出発です!!

コラム


投稿:虫ん坊読者の広場

 虫ん坊6月号で特集したさがみスペシャルアニメや、フランスでは現在『ASTRO BOY Reboot』の制作が進んでいるなど、現代でもまだまだ大活躍のアトム。
 今月は、『鉄腕アトム』から皆さんの好きなキャラクター、好きなエピソードのお便りをいただきました。
 コメンテーターは2003年に放送された『ASTRO BOY 鉄腕アトム』でキャラクターデザインを担当した瀬谷新二です!

投稿

たくさんの投稿作品、ありがとうございました!


編集後記:今月のひとこと

編集後記:今月のひとこと

『鉄腕アトム』のリメイク版
『アトムキャット』

 もうすぐ、7月7日! 七夕ですね!!

 同日にBlu-rayとDVDでリリースされる、七尾旅人さんの初ライブ映像作品『兵士A』。以前より、手塚治虫作品に強く影響を受け、そんな中で生まれたという「アトムの思い出」という曲が収録されています。どんな曲なのかとても気になります。
 また、水曜日のカンパネラさんの記念すべきメジャーデビューアルバムには、『ユニコ』をイメージした、その名も『ユニコ』という楽曲が収録されています! こちらも要チェック!!
 アトムといえば、7月16日(土)から横浜人形の家にて、『鉄腕アトム ロボットと暮らす未来展』が開催!
 その他、手塚治虫が影響を受けた幻の名作と言われ、第69回カンヌ国際映画祭で大反響を呼んだ日本初の長編アニメーション映画、『桃太郎 海の神兵』 のデジタル修復版が7月23日(土)より公開されます!! デジタル修復版での上映は今回が国内初となるそう。戦時下の国策映画でありながら、 戦闘場面は少なく、むしろ叙情性と機知に溢れた内容とのことで必見ですね。

 7月も音楽に展示会に映画にと盛りだくさんで夏を乗り切りましょう!

カニミソ