TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 2015年2月号 トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記
投稿:虫ん坊読者の広場

6月号の投稿のテーマは、「これはぐっときた 手塚キャラのことば」。手塚作品には名言がたくさんありますよね。今回は、みなさんの心に残ったあのセリフ、あのシーンを教えていただきました。

今月投稿作品をおよせいただいた方々には、以下の写真のプレゼントをお送りいたします!

★プレゼント★

今月号のプレゼントは!

  1. アトムTシャツ各種
  2. 手塚キャラクターミニ額+ミニパズル
  3. ジャングル大帝 ペンケース
  4. 鉄腕アトムミニバッグ



これはぐっときた 手塚キャラのことば


ハガキから 【投稿者】 松谷中学31年生 さん

【投稿者】松谷中学31年生 さん

「わかったわ あなたもレオがすきなのね」のくだりがグッときますね〜

学園ジャングル大帝はじまっちゃったの?てカンジが!

のむら

このエピソードを学園ものに見立てるとは、なんともユニークな発想です! いつも、面白い視点や、思いがけないキャラクターを描いてくださるので、今度はどんな絵になるのかな?とひそかに楽しみにしています。


編集

ジャングル学園、ライヤとリョーナのセーラー服がまぶしい!
2匹ともよくお似合いです。レオ、罪な男…。



TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】ソービ さん

【投稿者】ソービ さん

『ブラック・ジャック』の「刻印」より、間久部緑郎と間黒男の会話
緑「おれが きみに一度だってウソをいったかっ おれを信じてくれ」
黒「ああ……信じるよ 気の毒したな間久部」
緑「いや……これでいいんだ」
あのブラック・ジャック先生が、「信じる」なんて何というレア…!! という意味での「ぐっとくる」です。こんな理由でいいのか…
このやり取り、ずっとサングラスだった緑郎が真摯な瞳で黒男を見つめるのも、それに対して黒男が笑うのも、切ないですが凄く良いシーンだと思います。ここの二人は、暗黒街の皇太子でも、ブラック・ジャックでもなくて、小学校の時から親友の緑郎と黒男という関係に戻ってるんですよね。そしてそこには濃い信頼関係があるという… 「気の毒したな」という台詞も、親友がこれ以上堕ちていくのを放っておけないという部分があって、悩んで出した結論だからこそなのだと思います。親友が死刑になってしまって、しかもそれに自分が噛んでいるなんて、普通辛いですよね…
そして緑郎の「これでいいんだ」は、相手が黒男だからこそ出てきた台詞なんだろうなと。 普段ブラック・ジャック先生が孤独を抱えていることを考えると、親友の距離感というか、理解しあっている感じが、悲しい最後ではあるけれども、少し希望のある終わり方のようにも見えます。


のむら

画面下の子供時代の二人をシルエットにすることで、画面上の描きこまれた手の絵との釣り合いが取れています。小さく描かれた二人の細部を描きこんでしまうと、大きな手の絵との線の密度のバランスが取りづらいように思いますので、技ありな選択だとおもいます。 コメントで引用していただいたセリフのところ、原作をチェックすると、案外に小さいコマで描かれているんですよね。僕の記憶だと、もっと大きいコマだったかのような気がしていました。それだけ、ドラマチックなシーンだということでしょうね。

編集

夢を語り合う黒男と間久部のシルエットにグッときます。 普段語られることのないBJの友情を垣間見ることのできる、貴重な回です。
素敵なイラストをありがとうござました!


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】わかば さん

【投稿者】わかば さん

『ブラック・ジャック』の「ふたりの黒い医者」から、ラストのBJの叫び「それでも私は人をなおすんだっ。自分が生きるために!!」を選びました。 せっかく治した患者が事故で亡くなってしまったときにドクター・キリコに対して放った言葉ですが、彼の信念と生きざまが痛々しいほどに伝わってくる言葉だと思います。 画像はBJファンの神無月さんと京都へ旅したときに写したものです。原作ラストシーンに似た場所を探して常寂光寺まで行き、石段をバックに持参したフィギュアを撮影しました。観光客がいない隙を狙っての撮影にはなかなか苦労しました(笑)。

のむら

写真のBJ、等身大みたいに見えますね!!
仰角でも、目線の高さが合せられているからでしょうか? それとも、レンズによるマジック?! 周りに余計なものが写りこまない場所を選ぶことで、コマそっくりの写真になりましたね。

編集

「人を治すとはどういうことなのか」、BJとキリコそれぞれの理念が描かれる ストーリーと、ブラック・ジャック屈指の名台詞が印象に残る人気の高いエピソードをフィギュアで再現していただきました。再現度、とても高いです!!


いろんなキャラクターに投稿、ありがとうございました!


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】心結 さん

【投稿者】心結 さん

こんにちは。らくがき程度に、またまたロックを描きました。

後期の悪いロックが好きなんですが、初期のかわい〜〜い手狎萓犬粒┐派舛れたロックも大好きで・・ あんな絵を描きたいな、と思いながらも難しすぎて描けません。
描く度に、顔が変わってしまいます^-^;

その時その時で、自分がかわいいと思える絵を描いていきたいと思います!


のむら

絵を描き慣れている筆運びです。色の選び方も統一されていますね。おっしゃるとおり、手塚先生の絵は難しいですよね。アニメーションなどでは、どこから見ても、また誰が描いても描けるように考えられていますが、漫画の先生の絵はそういうしばりからは自由ですので…。コマごとに顔つきが少しずつ違うので、僕も商品用などにキャラクターを描き下ろすときには、さてどの顔をベースにするべきか?と、よく悩んでいます。


編集

緑のシャツに赤いネクタイ、オシャレなロックです!
初期の幼くかわいらしいロックも、華麗に悪役をこなすロックも素敵ですよね。



TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】AnimeMeraklisiBlogcu さん

We were painting courses ... I have draw white board "Astro Boy" with my friends. Anime-loving friends have asked me to share this work in Mushinbo. So I agreed. That my friends, we work together: Bircan Gokta? Berfin Betigul Zorba Berke Sar?kabaday? Zubeyde Tekiner and me, AnimeMeraklisiBlogcu...
(訳:「アストロボーイ」をお友達と、ホワイトボードに描きました。 アニメ好きの友人たちが、私に、このイラストを虫ん坊でシェアしては? と いったので、私もそうしよう、と言いました。 一緒に絵を描いた友達です。 Bircan Gkta Berfin Betigl Zorba Berke Sarkabaday Zbeyde Tekiner あと、私。AnimeMeraklisiBlogcu... )

のむら

何人もが共同でメッセージを入れてくれたような絵をいただくのは、虫ん坊投稿コーナーでは初めてですね!
次回はぜひ、お友達にもキャラクターを描いてもらってください!


編集

今回も投稿ありがとうございます!
たくさんのお友達と一緒に描いてくださったようで、アトムも嬉しそうです。


メールから【投稿者】 朝雨子 さん

【投稿】朝雨子 さん

のむら

それぞれのキャラクターが持っている性格が活かされた、愛嬌のある絵になりましたね。虹のように見える色の付け方は、僕も試してみたいです。

編集

鮮やかな色彩とキャラの表情がとても素敵なイラストです。 よく見てみると、BJといんこが衣装チェンジしていますね! 2人ともよ〜くお似合いです。


ハガキから【投稿者】Ayu さん

【投稿者】Ayu さん

「ブラック・ジャック」の黒松先生と、「ドン・ドラキュラ」のドラキュラ伯爵です。 黒松先生は一度だけの登場でしたが、強烈だったのですごく印象的でした。

「ブラック・ジャック」の中ではトランプのジョーカー的な存在ではないでしょうか。 個人的には好きでした。

こんな私はマニアックでしょうか?

のむら

黒松先生とは確かにマニアックですね! 「ドン・ドラキュラ」ファンにはうれしい共演ともいえます。「トランプのジョーカー的存在」とは言いえて妙です。白と黒を隣り合わせにした構図は面白いです。アイディアが光ります。


編集

ドン・ドラキュラとは間逆のクールな役どころ、BJの影法師として登場する黒松先生ですね!自分とそっくりな黒松先生登場に珍しくBJもうろたえていました。 ポップでデザイン的な構図の中でも、黒松先生のクールさが感じられます。



ハガキから【投稿者】 安田 翔哉 さん

【投稿者】 安田 翔哉 さん

のむら

梅雨入りのこの季節にはやっぱり、このキャラクターですよね! さまざまな描き方を考えながら、かなり手間をかけて、丁寧に画面を埋めてくださっているように感じます。

編集

雨と綺麗な紫陽花、梅雨の季節感溢れるイラストをありがとうございます! 雨降り小僧は年中頭に雨雲があるので、梅雨も関係なさそう…。


メールから【投稿者】クロック さん

【投稿者】クロック さん

こんにちは、クロックです。
かっこよさと可愛らしさの両面を持つサファイアにとても魅力を感じます。ほんと素敵な女性です(*´-`)

のむら

水彩絵の具を使って色を塗ってくださいました。水彩だと、筆の運びがよくわかるところがいいですね。細かいところや大胆なところ、また塗り重ねがされているかどうかなどなど、手間がかかっているところがどこなのかがわかります。  服の色に緑を混ぜて使ったりなど、工夫もいろいろなさっていますね。

編集

水彩のあたたかさと、凛とした表情が素敵なサファイアですね!



メール投稿【投稿者】未来 さん

【投稿者】未来 さん

こんにちは。いつも有難うございます!
遅くなりましたが、「虫ん坊 4月号」のコラム“手塚マンガ あの日 あの時”では、 「さらばアーリィ」を取り上げて下さって大変嬉しゅうございました(^^)〜!

手塚先生の生み出した多々のキャラクターの中でも、特に人外ヒロインは大変魅 力的で、ウチの贔屓キャラクターが多いのです♪

先月のマリアちゃんと同じ位、 大好きなアーリィを久しぶりに描きました。チェンに懐いているところが大変愛 らしゅうございます(*^^*)!人間の男の子と人外ヒロインのカップルには萌えますね〜!


のむら

手塚先生の人外ヒロインは確かに、魅力的ですね!
どうしてあんな独特の色っぽさが出せるのか、いつも思います。  肌や岩などの質感にリアリティがあります。空も単調にならないようにグラデーションが施されていて、細かい気配りを感じますね。


編集

チェンを案内するアーリィ、未来さんのタッチでさらにセクシーに仕上がっています! コラムもお楽しみいただけたようで、嬉しいです。手塚キャラには魅力的な人外キャラがたくさんいますよね!



文章投稿



メールから 【投稿者】 田浦紀子 さん

『アドルフに告ぐ』ゆかりの地めぐり<神戸編その2>


◎諏訪山より望む神戸


【投稿者】田浦紀子 さん

「ちょうどその頃、神戸の三宮では峠とわかれた小城先生が駅前の喫茶店でパン屋のアドルフ・カミルとあっていた」 昭和15年(1940)正月、12歳になったアドルフ・カミルが小城先生から秘密文書を受け取るシーンの冒頭ページです。「週刊文春」の連載は毎回10ページ。このページは単行本化の際に完全に書き下ろされたページです。 上のコマのモデルであろう写真です。


【投稿者】田浦紀子 さん

【絵葉書】「諏訪山より望みたる殷盛の神戸市」

海にはたくさんの船舶。海岸の東側(左側)に見えるのは新港突堤。アドルフ・カミルが、リトアニアに旅立つ父と別れ、ドイツから東洋航路で日本に亡命したエリザを迎えた港はこのあたりにあります。西側(右側)には川崎造船所(現在の川崎重工業)が見えます。


というわけで、私たちも今回この景色を見るべく、諏訪山公園まで行ってみました。

【投稿者】田浦紀子 さん

【投稿者】田浦紀子 さん

【投稿者】田浦紀子 さん

ビーナスブリッジより望む神戸市街



【投稿者】田浦紀子 さん

神戸の街を一望できる諏訪山公園で、エリザとアドルフ・カミルは、ユダヤ人の祖国・イスラエルへの思いを二人で語り合います。昭和15年〜16年にかけて、はるかヨーロッパから神戸を経由してアメリカへ亡命したユダヤ人がたくさんいました。今回の取材でお世話になった「港まち神戸を愛する会」の中尾嘉孝さんの伯母さんが、昭和15年当時、神戸に流入した大量のユダヤ人の姿を見たと、生前に証言していたそうです。「ある日突然やってきて、またある日突然姿を消した」と。
すなわち、神戸に一時的な滞在をし、その後アメリカへ亡命したからです。しかし、それも昭和16年12月の日米開戦(太平洋戦争)により終わりを告げました。 『アドルフに告ぐ』では、ユダヤ人の同朋を救うため、カミルの父が単身リトアニアへ向かうものの、失敗。最終的にはカウフマンによって射殺されるという展開になっています。時を同じくして、エリザがカウフマンの計らいによって、日本に亡命する過程が描かれています。昭和15年当時、リトアニアの日本大使を務めていたのが、かの有名な杉原千畝でした。人道的見地から発行した「命のビザ」により約6000人のユダヤ人が命を救われました。ただ、杉原千畝の功績が広く世に知られるようになったのは、1985年以降だったので、『アドルフに告ぐ』を描いた当時、手塚先生がこの話を背景として知っていたかどうかは解りません。(『アドルフに告ぐ』の連載は1983年〜1985年) むしろ、『アドルフに告ぐ』で手塚先生がヒントにしたのは、父・手塚粲(ゆたか)氏の体験だったのではないでしょうか。昭和16年5月開催の丹平写真倶楽部写真展「第23回丹平展」で、戦時中の神戸に滞在していたユダヤ人一行を対象とした作品群「流氓ユダヤ」が発表されています。丹平写真倶楽部は大阪・心斎橋に拠点を構えていて、当時、手塚治虫の父・粲も会員の一人でした。これらの写真は兵庫県立美術館に所蔵され、館の図録「レトロ・モダン神戸」で手塚粲撮影の写真も見ることができます。

◎新港突堤

さて、諏訪山公園をあとにし、私たちは、アドルフ・カミルが父を見送り、エリザを迎えに行った新港突堤に向かいました。戦後、ポートアイランド、六甲アイランドなど次々に人工島が建設されて海岸の形が変わっているので、『アドルフに告ぐ』の時代に近い地図を参考資料にあげます。現在の地図と比較してみるのも非常に面白いです。

【投稿者】田浦紀子 さん

【絵葉書】「神戸市全図」

高架になる前の国鉄三ノ宮駅が現在の元町駅の位置にあること、阪神電車の終点が、そごう神戸店の場所でなく旧滝道停留所で、線路も現JR線からフラワーロードを下ってくるルートであること等から、『アドルフに告ぐ』の時代より約10年前の昭和6年以前に描かれた地図と推定。先程の諏訪山からの景色はこの絵葉書の左下四分の一の範囲です。新港地区の特徴的な4本の突堤は東から順に第一突堤〜第四突堤となっていましたが、第五、第六突堤が整備された昭和10年頃、西からの番号順に名称変更されました。新港地区の突堤には、灘駅の少し東で東海道本線から臨港部へ分岐した貨物線の支線が引き込まれ、豪華客船が入港した際には、突堤から京都までの直通貸切列車が運行されていたといいます。


神戸港から出航する船でイザーク・カミルが旅立つシーン。


【投稿者】田浦紀子 さん

【絵葉書】「埠頭見送の景(神戸)」

アングルは違いますが、船舶の規模や無数の紙テープなど、『アドルフに告ぐ』で描かれた出航のシーンに非常に似ています。旗に連載当時のアメリカの大統領・レーガンの名前が入っているところは、手塚先生特有の時事ネタでしょう。
昭和15年11月、エリザ・ゲルトハイマーは、家族と別れ、単身ドイツから神戸へ亡命します。


【投稿者】田浦紀子 さん

アドルフ・カミルがエリザを迎えにいった神戸港の様子です。このシーンそのものズバリの写真を図書館で見つけました。手塚先生の元アシスタント・伴俊男さんの話によると、手塚プロ漫画部の資料としてよく使っていたのが「日本地誌」。日本の各県を記者がまわって、面積、人口、伝統、行事などを写真で紹介した本です。ここにどういう絵を描いてというのは、すべて手塚先生が指示をしていたそうです。『アドルフに告ぐ』で参考資料となったであろう1冊が、改造社から昭和4年に発行された「日本地理体系」です。漫画と酷似する写真が少なくとも5点はありました。非常に驚いたのは、昭和4年の時点ですでに航空写真が日本国内で撮影されていたことなのですが、この話は次回にしましょう。


【投稿者】田浦紀子 さん

「日本地理体系 7巻 近畿編」(改造社 昭和4年)より

【投稿者】田浦紀子 さん

右写真は第一突堤から出航する箱根丸、左写真は第三突堤に着岸中の香港丸で、写真中央のアーチ型の構造物は可動電力起重機で、レールによって移動することができました。また、船の乗降用のタラップもあったといいます。なお、「日本地理体系」の解説によると当時、第三突堤は主に外国貿易客船用だったようです。

私たちも現在の第一突堤から第四突堤まで行ってみました。ただ、突堤の数字が逆だったことに気づいていなかったので、エリザ到着の港は現在の第三突堤だと思って写真撮影しています。実際には現在の第二突堤だったわけですが、いずれにしても第二突堤は一般人が立ち入ることができません。

第三突堤は、神戸三宮フェリーターミナルとなっており、高松行きなど国内船が運行しています。戦前の活気とはうって変って静かな港でしたが、料金も安いことから荷物を運ぶトラックなどが船舶に乗って四国や九州へ行くようです。


第四突堤は、ポートライナーのポートターミナル駅があり、神戸大橋を経由して人工島・ポートアイランドへ続きます。


そして、新港第一突堤から西を望んだ、これぞ“THE KOBE”な景色です。ホテルオークラ、神戸海洋博物館、ポートタワー、オリエンタルホテルなど、神戸のランドマークが一望できます。

さて、次回はアドルフ・カミルが住んでいた元町界隈をご紹介しましょう。

のむら

 前号2回にわたっての神戸「アドルフに告ぐ」舞台紹介もいよいよ第3弾ですね。諏訪山公園で街並みを望み、新港突堤で海辺に向かう、、、というさんぽ、この季節には楽しそうです!


編集

今回も「アドルフに告ぐ」めぐり、読み込んでしまいました。 写真や当時使用した資料など、比べてみるといろいろな発見がありますね。 次回も楽しみにしています!



7月号 投稿コーナー予告!

 テーマ投稿「七色いんこ」

7月・・・7といえば・・・七色いんこ! みなさんのステキないんこ作品を心よりお待ちしております。

 その他自由な募集!

 ヒーロー・ヒロインに限らず、大好きなロボット、動物、宇宙人、不思議生物、むしろ無機物…何でもかんでも、あなたの大好きなキャラクター、作品などなどの絵や評論、ナゾトキ、アツイ語りなどなんでも大募集です。 イラストじゃなくてももちろんOK!!

 その他、イベントレポートや各種感想など、自由にご投稿ください!




投稿はコチラ!!


メールや投稿ページからの投稿の場合、虫ん坊コーナーへの投稿だということが分かるように、「【虫ん坊投稿】」などの文字を件名に入れてね!


また、投稿していただいた方には、編集部からプレゼント送付のご案内などをメールでお送りします。迷惑メール対策などで、ドメイン指定受信をされているかたは、@tezuka.co.jp からのメールを受け取れるように、お使いのメールツールを設定しておいてくださいね。

 

メールはこちらから、
tezukaosamu-net-guide@tezuka.co.jp

郵送で、
〒169-8575
東京都新宿区高田馬場4-32-11
株式会社手塚プロダクション TezukaOsamu.net 投稿係
 ※作品の裏側などに、ご連絡先メールアドレス・お電話番号を書いてください

7月号掲載は、2015年6月15日(月)までにいただいたものとさせていただきます。7月号以降にも、いただいた投稿を掲載していきます。


戻る