TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記

虫ん坊 2015年5月号 特集2:新日本プロレス× レオ 棚橋弘至選手、手塚プロダクションに現る!!

棚橋弘至選手

今年、アニメ放送50周年を迎えたジャングル大帝とライオンマークでおなじみの新日本プロレスが新たにコラボレーション!
第1弾として、新日本プロレスのライオンマーク部分がレオに変貌したラグランTシャツが発売!そのコラボ商品のプロモーションの為、「100年に1人の逸材」棚橋弘至選手が手塚プロダクションを来訪!
今回はそちらの様子をレポートしたいと思います!


関連リンク:

●新日本プロレス×手塚プロダクション、コラボのいきさつ

新日本プロレス旗揚げ40周年、「鉄腕アトム」連載開始60周年という記念すべき年の2012年からスタートしました。
きっかけは、40周年と60周年を足すと丁度100年・・!新日本プロレスのイケメントップレスラーの一人であり、「100年に1人の逸材」(プロレスというジャンルにもっとも適した人材)と掲げている棚橋弘至選手との共通点から。
その後もアトムモチーフのオリジナルマスクや所属選手のTシャツやストラップ、ステッカーなど様々なコラボを経て、今年で3年目を迎えました!2015年は「ジャングル大帝」アニメ放映50周年ということで、レオをフィーチャー!ライオン×ライオンの最強コラボが実現しました。


今回は、コラボ商品のPRの為、両国国技館大会直前に新日本プロレスを代表して棚橋弘至選手が来訪!新日本プロレスの選手が手塚プロダクションを訪れたのは、2012年のKUSHIDA選手以来となります。

プロレスは数年前まで総合格闘技ブームにより低迷の時期がありましたが、いまや「プロレス女子」なるジャンルも出来るほどの大人気エンターテインメント競技となっています。そのプロレスを再生させた立役者と言われる棚橋選手は、「プロレスは何度倒されても立ち上がる姿を見せる競技」「プロレスを知らない人に向けてやっている」とその心意気を語ります。

親しみやすくサービス精神旺盛なキャラクターでツイッターやブログも人気。
TV出演や女性誌、ビジネス誌への登場も多く、男女を問わず人気を博しています。


当日の撮影風景

手塚プロダクションに到着後、別室にて撮影の準備に取り掛かる棚橋選手とスタッフの皆さん。なんと、コラボTを着用するだけでなく、髪型をライオンのたてがみのようにセットして登場!早速、エンターテイナーっぷりを発揮!黒に金のメッシュな髪色に良く似合います。



まずはVTR撮影からスタート!



子供レオをお供に着用中のコラボTシャツの紹介をして行きます。途中、何度かセリフを噛んでしまい、その度に子供レオの手を握って、「レオちゃん、イイじゃないの〜、失敗したってイイじゃないの〜」と旬のネタを真似して披露していました(笑
最後のセリフはもちろん!「『ジャングル大帝』、愛してま〜す!」


☆その日撮影された棚橋選手VTRはこちら!



スタッフさんの準備中や撮影の合間に1Fエントランス内の展示をじっくり見学する棚橋選手。

気になるものは、「これ、撮っても大丈夫ですか?!」と確認を取りつつ、写真にパチリ。



途中、「『刑事物語』('82年東宝他)ってみたことありますか?ハンガーを見たら思い出してしまって。」と実際に手にとり、「ハンガーヌンチャク」(「刑事物語」の片山刑事がハンガーをヌンチャクのように振るって相手を叩きのめす技)のポーズを真似る逸材先生。



流石、めちゃくちゃ強そうです。



次は写真撮影です。



手塚治虫本人の作画によるジャングル大帝・レオの生原稿をまえにテンションも
さらに上がった模様!



1時間程で撮影も無事終わり、帰り際、準備をしていた部屋に飾ってあった「マグマ大使」のイラストに棚橋選手とスタッフさんが思わず反応!「(棚橋選手に)似てる!!」と盛り上がっていました。
OVA版「マグマ大使」のイメージイラストなのですが、確かに筋肉隆々なところまでそっくりです。 この「マグマ大使」は当日、ご本人のツイッターやブログにも取り上げていただきました。今度は「マグマ大使」と棚橋選手のコラボレーションでも面白いかも知れません☆


棚橋弘至選手のツイッターより



2015年!ライオン×ライオンの最強コラボシリーズは、第1段の定番ラグランTシャツから始まり、第2弾の人気4選手がレオに扮したラバーキーホルダー、その後第3段へと色々展開して行きます!!今後もますます見逃せません!是非、チェックしてみて下さい!


 関連情報:


戻る