TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


以前の虫ん坊虫ん坊:2013年02月号(131)次の虫ん坊
虫ん坊:2013年03月号

特集1:日本SF作家クラブ設立50周年 『日本SF作家クラブと手塚治虫』展 インタビュー 特集2:『東京国際アニメフェア2013』インタビュー オススメデゴンス!:『鳥人体系』 手塚マンガ あの日あの時 第27回:妖怪ブームの荒波に挑んだ『どろろ』の挑戦!! 投稿:虫ん坊読者の広場 編集後記:今月のひとこと
特集1:日本SF作家クラブ設立50周年 『日本SF作家クラブと手塚治虫』展 インタビュー

特集1:日本SF作家クラブ設立50周年 『日本SF作家クラブと手塚治虫』展 インタビュー

 今年、2013年は、『ブラック・ジャック』連載開始40周年、『鉄腕アトム』テレビアニメ放送開始50周年、『リボンの騎士』連載開始60周年……、といろいろ節目の年なんですが、実はまさに同じ今年、日本のSF作家が集う団体、日本SF作家クラブも設立50周年を迎えます。
 手塚治虫も常連だった、という台湾料理屋山珍居(この『虫ん坊』でも、2002年10月、手塚るみ子さんによるエッセイ「グルメ・ド・オサムシ」で紹介しています)で11人のSF作家・評論家・編集者によって発足した、というこのクラブは、現在も瀬名秀明さんを会長に、小説家を初め評論家、翻訳家、マンガ家、イラストレーター、アーティストなど237人もの様々なSFクリエイターたちが名を連ねています。
 今月の虫ん坊では、手塚治虫記念館で3月1日より開催される『手塚治虫と日本SF作家クラブ』展の概要をご紹介、この企画展についてSF作家クラブ事務局長・翻訳家の増田まもるさんにお話をうかがいました。




特集1


特集2:『東京国際アニメフェア2013』インタビュー

特集2:『東京国際アニメフェア2013』インタビュー

 今年もこの季節がやって来ました! 毎年恒例で3月下旬に開催されるアニメーションの大イベント、『東京国際アニメフェア2013』がいよいよ3月21日から開催されます!
 今年で11回めの開催となり、アニメファンにはお馴染みになりつつありますが、皆さんは行ってみたことはありますか? もしかしたら、「えっ? それってどんなイベントなの??」という方もいらっしゃるかも知れませんね。
 今までも何度か、手塚プロダクションのブースについてご紹介してきましたが、今年の虫ん坊では改めて、『東京国際アニメフェア』そのものについて、東京国際アニメフェア実行委員会事務局チーフプロデューサー 北上浩司さんに詳しく伺いました!


特集2


オススメデゴンス!:『鳥人体系』

 今月はやっぱり、手塚治虫のSF作品にスポットを当ててみましょう! 今月のオススメデゴンスは、早川書房のSF専門誌『SFマガジン』に連載された本格SF『鳥人大系』をご紹介します!
 人間が「万物の霊長」である、という固定観念を軽〜く粉砕してしまう本作、興味のあるかたはぜひ、『SFファンシー・フリー』とともにお楽しみ下さい。



オススメデゴンス!

オススメデゴンス!:『鳥人体系』


手塚マンガ あの日あの時 第27回:妖怪ブームの荒波に挑んだ『どろろ』の挑戦!!

手塚マンガ あの日あの時 第27回:妖怪ブームの荒波に挑んだ『どろろ』の挑戦!!

 1960年代半ば、水木しげるの妖怪マンガ『ゲゲゲの鬼太郎』のヒットをきっかけに少年マンガ界に起きた妖怪ブーム。手塚治虫はこの人気作への対抗心から妖怪マンガ『どろろ』の連載を始めたと言われていた。だけど『どろろ』誕生の理由は本当にそれだけだったのか!? 今回は当時の妖怪ブームの中でも異彩を放った傑作『どろろ』誕生のあのころにスルドク迫ります。またこの作品の連載当時、手塚治虫に妖怪のアイデアを提供した長男・手塚眞氏の貴重なインタビューもあるでよ!!

 

コラム


投稿:虫ん坊読者の広場

いよいよ春も近づいて来ました。 毎月たくさんのイラストをいただいておりますが、今月は、試験などの一段落シーズンもあってか、普段より多めのご投稿、ありがとうございました!
3月というと卒業やクラス替えのシーズンですね。新しい環境に飛び込む方、がんばってください!





投稿

 

投稿たくさんありがとう!


編集後記:今月のひとこと

編集後記:今月のひとこと

虫ん坊3月号いかがでしたでしょうか? 手塚治虫と言えばSF、ということで、今月は1日から始まる企画展『日本SF作家クラブと手塚治虫』展についてご紹介しました! 作家クラブ、というだけあって、会員の方はみなさん、本業で文筆業など、クリエイティブな活動に携わる方々ばかり。増田まもるさんもいわゆる「ニューウェーブ」と言われるSFの翻訳などで著名な方です。日本SF作家クラブの50周年記念イベントには、他にもさまざまな催し物が予定されているみたい……なになに、記念アンソロジー『日本SF短編50』刊行開始、日本SF作家クラブ創立50周年記念プラネタリウム番組を語る、とな……!(こちらは同じジュンク堂書店池袋店で開催予定です)SFファンにはたまらないイベントもりだくさんみたいですので、手塚マンガも好きだしSFも好き、という方はぜひチェックしてみては。
特集2では、いよいよ3月21日からの東京国際アニメフェア2013を取材いたしました。『鉄腕アトム』もテレビアニメ化から50周年。手塚プロダクションのブースでも『アトム推し』で行きますので、みなさん、アトムの巨大バルーンに会いに来てくださいね!!

 


いとう



バックナンバー

2017年 10月号(187) 9月号(186) 8月号(185) 7月号(184)
  6月号(183) 5月号(182) 4月号(181) 3月号(180) 2月号(179) 1月号(178)
2016年 12月号(177) 11月号(176) 10月号(175) 9月号(174) 8月号(173) 7月号(172)
  6月号(171) 5月号(170) 4月号(169) 3月号(168) 2月号(167) 1月号(166)
2015年 12月号(165) 11月号(164) 10月号(163) 9月号(162) 8月号(161) 7月号(160)
  6月号(159) 5月号(158) 4月号(157) 3月号(156) 2月号(155) 1月号(154)
2014年 12月号(153) 11月号(152) 10月号(151) 9月号(150) 8月号(149) 7月号(148)
  6月号(147) 5月号(146) 4月号(145) 3月号(144) 2月号(143) 1月号(142)
2013年 12月号(141) 11月号(140) 10月号(139) 9月号(138) 8月号(137) 7月号(136)
  6月号(135) 5月号(134) 4月号(133) 3月号(132) 2月号(131) 1月号(130)
2012年 12月号(129) 11月号(128) 10月号(127) 9月号(126) 8月号(125) 7月号(124)
  6月号(123) 5月号(122) 4月号(121) 3月号(120) 2月号(119) 1月号(118)
2011年 12月号(117) 11月号(116) 10月号(115) 9月号(114) 8月号(113) 7月号(112)
  6月号(111) 5月号(110) 4月号(109) 3月号(108) 2月号(107) 1月号(106)
2010年 12月号(105) 11月号(104) 10月号(103) 9月号(102) 8月号(101) 7月号(100)
  6月号(99) 5月号(98) 4月号(97) 3月号(96) 2月号(95) 1月号(94)
2009年 12月号(93) 11月号(92)        
バックナンバーは掲載当時の情報のため、過去の情報については保障致しかねます。あらかじめご了承ください。

UP!