TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 2012年10月号 トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記
投稿:虫ん坊読者の広場

今月も投稿作品、ありがとうございます!
ハロウィンっぽいネタもありますよ!


投稿をいただいた方には、写真のプレゼントをお送りします!

今月号のプレゼントは!

投稿たくさんありがとう!




祝・手塚治虫の誕生日1


ハガキにて【投稿者】 伊和音 さん

【投稿者】 伊和音 さん

こんにちは!!
11月は手塚先生の誕生日ということで、プレゼントを届けようとしているトッペイを描きました。

のむら

色鉛筆で描かれていますが、色の塗り方が大変丁寧ですね! ムラもほとんど目立たないのはさることながら、トッペイの毛の表現がなんともツヤツヤで綺麗です。虹のようにカラフルな7色と、縞模様がいろいろなところに使われているのも、画面全体に統一性をもたせています。エンブレムのような手塚治虫の顔の部分は、よくよく見ると、トッペイが手塚先生の顔を思い浮かべているようなふきだし表現にもなっているんですね!
トッペイのポーズも、狼らしく上手く描けていますね。犬を飼っているか、動物がお好きなんでしょうか。


編集

トッペイの優しそうな表情が可愛いですねー。トッペイと手塚先生、実はちゃんと作品内で共演しているんですもんね。お誕生日にはプレゼントを持っていったのかも!


初投稿! ありがとうございます


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 桜田もに さん

【投稿者】 桜田もに さん

手塚治虫先生の、ユーモア溢れるギャグキャラクター達の集合絵です。
英語などが間違っていたら申し訳ありません(汗)
ヒョウタンツギを先頭にして進行中です☆

のむら

紙に、にじみのような模様がついているところが面白いですね。背景が特に描き込まれていなくても、ロゴに既存のフォントを使っているので、このもようがないと、無機質な感じになってしまったかも知れません。絵全体の色味もセピアカラーにして、背景になじませています。赤をつかっていますが、全体の色合いを抑え目にしてあるので、浮いていません。
草のラインや、文字が横のラインをつくっていて、画面に締まりが出ています。キャラクターたちは「落書きキャラ」なので、文字や草にデジタルで整った感じを負荷することで、バランスが生まれています。


編集

手塚隅っこキャラたちの大行進! ヒョウタンツギはどこで旗を持っているのかしら…


いろんなキャラクターに投稿、ありがとうございました!


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 赤ベレーめがねちゃん さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 美乙 さん

どうも♪赤ベレーめがねです(*^v^/
はい、えーっとまァ本日、13回目の自分バースデイをむかえました!
わーい花の13歳♪
あ、えっとまァ、B,Jにリボンはずしてイタダイテ誕生日祝ってほしーとかそんなこと思ってませんよ。ええ。まったく。いやいやソンなこと思ってないっていったら嘘になりますけど・・・だってB,Jかっこいいじゃないですか!理想の男性じゃないですか!それに、私友達少ないので妄想くらいしたくもなるんですゥ!だって「めぐりあい」の学生時代のB,Jとかやばやばやばああああああぁあ(強制終了。)

 

こんにちは\(^^)/今回は久しぶりに文字入れやスタンプ などの加工を活かしたイラストを描きました(^o^)ちなみにイラスト中にある「レトロなおとぎ話」と言う言葉の意味は一つは私の創作サイト名でもう一つは私的にどろろを一言で表す言葉です。
本題になりまして、テーマは君がいるから僕は幸せ、君がいるから僕はここにいると言う言葉です。ちなみにこのイラストは妖刀の巻きで百鬼丸がどろろを抱いてるシーンを参考にしました(^-^)
作品自体に二人の笑顔があまり無いので描くのにちょっと苦戦しながらも笑顔な二人が描けて描いてて楽しかったです♪抱き合う二人…見ていると幸せに感じます(*^^*)

【投稿者】 赤ベレーめがねちゃん さん

 

【投稿者】 美乙 さん

のむら

スケッチブックに描いた絵をデジカメか携帯で撮影して投稿していただいているようですが、撮影の際に下のほうが影になってしまっていて、残念です。スキャナがあればベストですが、なくても晴れた日に窓際などで、直射日光を白い布などで遮った環境で撮影すると、綺麗に撮れますので、デジカメ&携帯撮影派の皆さん、ぜひ試してみてください。
絵は、手に表情と動きがあり、そこがいいですね。文字や影などで構図のバランスが調整されています。

編集

中高生世代からのブラック・ジャックの愛されっぷりはすごいですね! 来年デビュー40周年のキャラクターとは思えないくらいです。もしかしたら一番、「今でも通用するイケメン」キャラなのかも…

 
のむら

手の表現にちからが入っています。腕のまるみや、肘の感じなどを頑張って描写していますね。原作にはない幸せ感を表現しているのも良い所です。百鬼丸の髪は特に難しいと思いますが、苦心して描いてくださいましたね。
百鬼丸の着物の紺色も、ちゃんと手で塗っている味が、よく出ています。やっぱり、絵をデジタルに取り込むためにカメラで撮影した際に、下の方に影が入ってしまっているのがもったいないです!

編集

作中ではどうも幸せとはいえないどろろに幸せになってほしい! というやさしさが嬉しいですね。


TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 ソービ さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 三汐 さん

10月号ということで、10月といえばハロウィンだなぁとぼんやり考えていたところ、急に「二人とも海賊姿似合うのでは!!」と思い立ったが故の産物です。
例年、ハロウィンといえば狼男のブラック・ジャック先生を描いていたのですが、本当に急に思いつきまして…。顔に傷、眼帯なんて、絶対海賊似合うのになぜ今まで思いつかなかった…!!
しかしセンスが行方不明…。精進します。

 

マイナーキャラでも良いと言う事なので
「未来人カオス」から主人公のカオスです。

【投稿者】 ソービ さん

 

【投稿者】 三汐 さん

のむら

シールやワッペンのような構図が面白い絵ですね。絵の部分を切り抜いて作品にするアイディアもGOODです。絵もうまいのですが、この絵のいいところはやはりなんといっても構図ですね。
 キャラクターの絵にあわせて、文字を配置しているところや、その文字の流れにあわせて、リボンなどのディテールを描いているところが、よく行き届いているとおもいます。

編集

色違いの「白基調版」もいただいたのですが、そちらには「暑中お見舞い申し上げます」と書いてありましたので、編集部宛ということでありがたく頂戴し、掲載は「黒」バージョンにいたしました。こちらもかっこいい!

 
のむら

ヒーローマンガの扉絵のような構成です。指の描き方が繊細ですね。ある年代以降の方はこういう、繊細な指を描かれますので、手塚治虫世代の僕としては新鮮です。ハイライトと影の付け方の手法が、黒いブーツだけグラデーションを使っているのが浮いてしまっています。ここは他の箇所の表現と同じにしたほうがよかったように思います。
影の表現を模様のように活用して、画面が平坦にならないような工夫をしてありますね。

編集

『未来人カオス』、マイナーキャラクターとはおっしゃるとおりですが、少年ものらしい面白さが満載で、私は大好きです! 手塚治虫作品にしてはテーマもそれほど難しくなくて、気軽に読める作品です。


ハガキより【投稿者】 赤ベレーめがねちゃん さん

【投稿者】 赤ベレーめがねちゃん さん

のむら

ブラック・ジャックを猫の姿に描いたところが、自由な発想で良いです。いろいろな表現や色の塗り方、また画材もいろいろなものをつかって、少しでも自分の思い浮かべる絵に近づけよう! という努力をした後が伺えます!
試行錯誤は腕前の上達には必要不可欠です。これからもぜひ頑張ってください!

編集

9月号に、ということでいただいていましたが、都合で掲載が一月遅くなってしまいました。。ピノコの上目遣いが可愛いですね!



11月号 投稿コーナー予告!

 テーマ投稿・手塚治虫の誕生日!

手塚治虫先生の誕生日は、11月3日! 10月号にひきつづき、手塚先生のお誕生日をテーマにした投稿を募集します!


 その他手塚キャラクターのイラスト募集!

あなたの大好きなキャラクターを投稿してみよう!  もちろん、マイナーな作品でもOKです!


 アナタの町の手塚キャラ・・・

飯能市のアトム像、宝塚市の記念館前の火の鳥のみならず、案外いろいろなところに点在している手塚キャラクター。町で見かけた手塚キャラを写真にとって送ってみよう!

撮影場所を市町村単位で書いて送ってくれるとなおGOODですが、プライバシーにかかわる場合は伏せてもオッケーデス。画像の質は特に問いません。気軽に撮って送ってね。




そのほか、自由な題材での投稿も随時、応募しております! ふるってご応募ください!
投稿はコチラ!!


メールや投稿ページからの投稿の場合、虫ん坊コーナーへの投稿だということが分かるように、「【虫ん坊投稿】」などの文字を件名に入れてね!


また、投稿していただいた方には、編集部からプレゼント送付のご案内などをメールでお送りします。迷惑メール対策などで、ドメイン指定受信をされているかたは、@tezuka.co.jp からのメールを受け取れるように、お使いのメールツールを設定しておいてくださいね。

 

メールはこちらから、
tezukaosamu-net-guide@tezuka.co.jp

郵送で、
〒169-8575
東京都新宿区高田馬場4-32-11
株式会社手塚プロダクション TezukaOsamu.net 投稿係

11月号掲載は、2012年10月15日(月)までにいただいたものとさせていただきます。12月号以降にも、いただいた投稿を掲載していきます。


戻る