TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


以前の虫ん坊虫ん坊:2012年10月号(127)次の虫ん坊
虫ん坊:2012年10月号

特集1:手塚治虫を“追跡”せよ! 『チェイサー』 コージィ城倉さん インタビュー 特集2:展覧会紹介 杉並アニメーションミュージアム 「手塚治虫の温故知新 『osamu moet moso』と復刻マンガ展 オススメデゴンス!:『ブッキラによろしく!』 虫さんぽ:第24回 音羽〜早稲田 手塚マンガの出版と収集、その歴史を歩く! 投稿:虫ん坊読者の広場 編集後記:今月のひとこと
特集1:手塚治虫を“追跡”せよ! 『チェイサー』 コージィ城倉さん インタビュー

特集1:手塚治虫を“追跡”せよ! 『チェイサー』 コージィ城倉さん インタビュー

 小学館の青年向けマンガ雑誌『ビッグコミックスペリオール』で、ちょっと変わったマンガの連載が始まったのを皆さん、ご存知でしょうか? その名も『チェイサー』。“漫画の神”を追う男とは?!、というキャッチフレーズのとおり、主人公は手塚治虫……ではなく、手塚治虫を『マネする』男!
 戦記マンガを得意ジャンルとし、3本の連載を抱え、……そしてなぜか、何かと手塚治虫の行動を“マネ”してしまうという漫画家・海徳光市を通して、“手塚治虫”を描く!? という挑戦作。今月の虫ん坊では、作者のコージィ城倉さんにお話を伺い、今後の見所や作品にかける意欲、さらにはご自身の「手塚治虫愛」について語っていただきました!


特集1


特集2:展覧会紹介 杉並アニメーションミュージアム 「手塚治虫の温故知新 『osamu moet moso』と復刻マンガ展

特集2:展覧会紹介 杉並アニメーションミュージアム 「手塚治虫の温故知新 『osamu moet moso』と復刻マンガ展

今月の特集2は、現在開催中の展覧会のご紹介! 東京・杉並の閑静な住宅街の一画に立つ「杉並アニメーションミュージアム」で開催中の、「手塚治虫の温故知新」展をご紹介します!
。新進気鋭のクリエイターたちの「手塚治虫コラボレーション作品」と手塚治虫のオリジナル作品のカラーイラストが同時に見られる本企画展を、杉並アニメーションミュージアム運営担当の藤田輝さんに案内していただきました!



特集2


オススメデゴンス!:『ブッキラによろしく!』

ハッピーハロウィン!! 10月のお祭りといえばハロウィンですよね!
というわけで、今月の「オススメデゴンス」は、『ブッキラによろしく!』をご紹介します。
手塚治虫晩年の少年マンガで、テレビ局に住み着いた妖怪・「ブッキラ」が主人公。
手塚治虫オリジナルの妖怪たちもたくさん登場しますよ!


オススメデゴンス!

オススメデゴンス!:『ブッキラによろしく!』


虫さんぽ:第24回

虫さんぽ:第24回

 今回の散歩は地下鉄護国寺駅から出発し、早稲田方面へと向かいます。ここにはつい先ごろ全200巻が完結したばかりの講談社版「手塚治虫文庫全集」編集部がっ! そして懐かしの絶版手塚マンガが読める図書館も!! さらに関係者が明かしてくれた、ありし日の手塚先生の素顔とは!? 今回も濃ゆ〜い内容で丸1日た〜〜っぷり歩いちゃうのよさ!!

 

コラム


投稿:虫ん坊読者の広場

今月も投稿作品、ありがとうございます!
ハロウィンっぽいネタもありますよ!





投稿

 

投稿たくさんありがとう!


編集後記:今月のひとこと

編集後記:今月のひとこと

 手塚治虫の仕事量の凄さ、というのは、いろいろなところで言われることではありますが、今回、コージィ城倉さんにインタビューさせていただき、改めて、プロのマンガ家の視点からその凄さを語っていただいたことで、いっそう「やっぱりすごいんだ」と再認識しました。紙面ではご紹介しきれなかったのですが、もっと具体的にいろいろな「手塚伝説」についてお話をいただきましたが、今後、どんなエピソードが『チェイサー』で紹介されるのか、楽しみでたまりません。
 特集2でご紹介した展覧会も12月までのロングランですので、ぜひ足をお運びください! 杉並・荻窪界隈は、2009年12月号の『虫さんぽ』でもご紹介しています。ミュージアムに立ち寄る際、「寄り道」のご参考まで!


 


いとう