TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


以前の虫ん坊虫ん坊:2012年2月号(119)次の虫ん坊
虫ん坊:2012年6月号

特集1:藤尾隆監督 後藤高久プロデューサが語る『陽だまりの樹』 特集2:『グスコーブドリの伝記』制作発表記者会見のもよう オススメデゴンス!:『雨ふり小僧』 虫さんぽ:第22回:第22回:東京都文京区〜千代田区 陽だまりの樹さんぽ! 投稿:虫ん坊読者の広場 編集後記:今月のひとこと
特集1:藤尾隆監督 後藤高久プロデューサが語る『陽だまりの樹』

特集1:市原隼人さん 成宮寛貴さんが語る『陽だまりの樹』

 4月6日から始まったNHK BS時代劇『陽だまりの樹』もいよいよ佳境となりましたね! 毎週の放送で万二郎と良庵の運命にドキドキしたり、思わず笑っちゃったり、ホロリとしたりされていることと思います。
今月の虫ん坊では、藤尾隆監督と、後藤高久プロデューサーに、時代劇『陽だまりの樹』の制作秘話を伺いました!


特集1


特集2:『グスコーブドリの伝記』制作発表記者会見のもよう

特集2:『鉄盤アトム』開発元 株式会社ファンクリック インタビュー!

 いよいよ映画『グスコーブドリの伝記』の公開1ヶ月前となりました!
 今月の虫ん坊では、制作発表記者会見のもようをお伝えします。

 この会見では、監督の杉井ギサブローさんを初め、主演の小栗旬さん、ネリ役の忽那汐里さん、クーボー博士役の柄本明さんが登壇し、作品について語りました。
 またこの会見では、小田和正さんの「生まれ来る子供たちのために」が映画の主題歌となることが公表されました。

特集2


オススメデゴンス!:『雨ふり小僧』

 梅雨の季節の定番・手塚作品、といえば、やはりこの作品をはずせません。
 「ライオンブックス」というシリーズでアニメ化もされた名短編で、民話を思わせるノスタルジーが魅力です。
 ぜひ読んでみてください。


オススメデゴンス!

オススメデゴンス!:『奇動館』


虫さんぽ:第22回:第22回:東京都文京区〜千代田区 陽だまりの樹さんぽ!

コラム:手塚マンガあの日あの時:第22回:逆引き版『陽だまりの樹』創作秘話!!

 手塚治虫先生の祖先である蘭方医・手塚良庵が活躍する異色の時代劇コミック『陽だまりの樹』。物語は幕末という激動の時代を舞台とした壮大なフィクションだけど、そこには歴史に残された実在の場所がいくつも登場する。今回は古地図にもその名がはっきりと記されている手塚良庵の自宅兼診療所跡をはじめ、『陽だまりの樹』に描かれた東京の様々なスポットを巡ります!!

 

コラム


投稿:虫ん坊読者の広場

 今月も虫ん坊「投稿」コーナーにおたよりをいただき、ありがとうございました!

今月は文章による投稿もいただきました! 記念館訪問記をよせていただいた方もいらっしゃいました。ただいま記念館では、「手塚作品を装丁する」というテーマで展覧会が開かれています。現役の装丁家の方々の力作が見られますよ!!

投稿

 

投稿たくさんありがとう!


編集後記:今月のひとこと

編集後記:今月のひとこと

ここ数日(と書いている今はまだ5月なのですが)、へんな天気がつづいています。
からりと晴れている、と思ったら、ものすごい雨が降ってきたり、強風が吹き荒れたり。茨城で竜巻の被害があったのも記憶に新しいですね。何の影響なのかはよく分かりませんが、5月でこれでは、梅雨の6月が思いやられます……。しばらくは折り畳み傘は持ち歩かなくてはならないですね。

皆様も突風・ゲリラ雷雨にはお気をつけください!

 


いとう