TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


以前の虫ん坊虫ん坊:2012年2月号(119)次の虫ん坊
虫ん坊:2012年4月号

特集1:NHK BSプレミアム BS時代劇『陽だまりの樹』記者会見のもよう 特集2:FUKUSHIMA RECORDS 『Vanilla』とは? オススメデゴンス!:『冒険狂時代』 虫さんぽ:第21回:東京都新宿区・高田馬場、手塚グルメを味わう春のお花見さんぽ!! 投稿:虫ん坊読者の広場 編集後記:今月のひとこと
特集1:NHK BSプレミアム BS時代劇『陽だまりの樹』記者会見のもよう

特集1:NHK BSプレミアム BS時代劇『陽だまりの樹』記者会見のもよう

 いよいよ4月6日から放送予定のドラマ、BS時代劇『陽だまりの樹』。
今月の虫ん坊では、3月12日に行われた記者会見の模様をお伝えいたします。
※ 4月号から6月号の3ヶ月連続でBS時代劇『陽だまりの樹』についてご紹介していきますので、お楽しみに!


特集1


特集2:FUKUSHIMA RECORDS 『Vanilla』とは?

特集2:待望の第2弾! 「手塚治虫・創作ノートと初期作品集 2」発売!

 震災や、原発事故による風評被害に苦しめられている福島。「FUKUSHIMA RECORDS」は、その「福島」のブランドの回復と未来のために立ち上げられた音楽レーベルです。
 2011年9月9日に発売された第1弾『Good Days』、同12月12日発売の第2弾『声に出して。』につづく第3弾『Vanilla』が今年3月3日にリリースになりましたが、なんとそのジャケットには手塚治虫の描く美女たち12人が勢ぞろいしています!
音楽ファンのみならず、手塚ファンにも気になるこの『Vanilla』について、ジャケットワークをプロデュースされた手塚るみ子さんと、FUKUSHIMA RECORDS代表兼プロデューサー、小山順之さんに詳しくインタビューしました!

特集2


オススメデゴンス!:『冒険狂時代』

  4月の『オススメデゴンス』では、『陽だまりの樹』のドラマ化記念! ということで、『冒険狂時代』をご紹介します!
 ……どこがつながりがあるのか分からない? 実は、この『冒険狂時代』世界の各国を舞台に、幕末の開国派のサムライ、嵐タコの助が暴れまわる、という内容なんです。少年少女向けのギャグマンガで、荒唐無稽なところもありますが、タコの助の義に熱い性格は、どこか万二郎にも通じるところがあったり…… というのはコジツケでしょうか??
 『陽だまりの樹』は当欄で以前ご紹介しましたので、「もう読んじゃったよ」という方は、ちょっとテイストの違うこんな作品も読んでみてはいかがでしょうか。




オススメデゴンス!

オススメデゴンス!:『冒険狂時代』


コラム:虫さんぽ:第21回:東京都新宿区・高田馬場、手塚グルメを味わう春のお花見さんぽ!!

コラム:虫さんぽ:第21回:東京都新宿区・高田馬場、手塚グルメを味わう春のお花見さんぽ!!

 今回の虫さんぽは、ひさびさに手塚プロ本社のある町・高田馬場を歩くっ! 2009年の第1回虫さんぽで歩いたこの街だけど、今回は新たに加わった新スポットと、前回紹介できなかった、とっておきの隠れスポットをめぐります!! 手塚先生が愛した本格中華料理と心のこもった手作りの和菓子を味わい、神田川の満開の桜を見て、あのころの手塚先生の超多忙な仕事ぶりに思いをはせる……そんな舌も目も心も暖まる春の高田馬場散歩、さっそく出かけましょう!!

 

コラム


投稿:虫ん坊読者の広場

 4月といえばやっぱり、「鉄腕アトム」の誕生日です! みなさん、アトムのかわいいイラストをたくさん、ありがとうございました!

投稿

 

投稿たくさんありがとう!


編集後記:今月のひとこと

編集後記:今月のひとこと

 新学期! 新年度! の4月ですね。

 テレビ番組も4月から新しいものが目白押しで、さっそくDVDディスクを買占めに電気屋さんに走りました。『陽だまりの樹』、手塚ファンならもちろん、要チェックですよ!
  実は記者会見の際に、第1話をいち早く見たのですが、主役のお二人のかっこよさはさることながら、画面からかもし出されるなんとも暖かいかんじが、とてもいい感じでした! 手塚漫画のフレンドリーな感じに通ずるものがある雰囲気でしたよ! 6日の放送を括目して待て!
  写真は先日某所で撮影した「オオイヌノフグリ」です。春らしい1枚を、と思ったのですが、撮影日が早すぎたせいか、梅とか桃の花とか、ましてや桜などというものは見当たらず、土手にひっそり咲いていた青い花がかろうじて「春ですよ」と言っている風情……。
  暖かくなるのはもう少し先かな……

 


いとう



バックナンバー

2017年 3月号(180) 2月号(179) 1月号(178)
2016年 12月号(177) 11月号(176) 10月号(175) 9月号(174) 8月号(173) 7月号(172)
  6月号(171) 5月号(170) 4月号(169) 3月号(168) 2月号(167) 1月号(166)
2015年 12月号(165) 11月号(164) 10月号(163) 9月号(162) 8月号(161) 7月号(160)
  6月号(159) 5月号(158) 4月号(157) 3月号(156) 2月号(155) 1月号(154)
2014年 12月号(153) 11月号(152) 10月号(151) 9月号(150) 8月号(149) 7月号(148)
  6月号(147) 5月号(146) 4月号(145) 3月号(144) 2月号(143) 1月号(142)
2013年 12月号(141) 11月号(140) 10月号(139) 9月号(138) 8月号(137) 7月号(136)
  6月号(135) 5月号(134) 4月号(133) 3月号(132) 2月号(131) 1月号(130)
2012年 12月号(129) 11月号(128) 10月号(127) 9月号(126) 8月号(125) 7月号(124)
  6月号(123) 5月号(122) 4月号(121) 3月号(120) 2月号(119) 1月号(118)
2011年 12月号(117) 11月号(116) 10月号(115) 9月号(114) 8月号(113) 7月号(112)
  6月号(111) 5月号(110) 4月号(109) 3月号(108) 2月号(107) 1月号(106)
2010年 12月号(105) 11月号(104) 10月号(103) 9月号(102) 8月号(101) 7月号(100)
  6月号(99) 5月号(98) 4月号(97) 3月号(96) 2月号(95) 1月号(94)
2009年 12月号(93) 11月号(92)        
バックナンバーは掲載当時の情報のため、過去の情報については保障致しかねます。あらかじめご了承ください。

UP!