TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


虫ん坊 2010年1月号 トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記
投稿:虫ん坊読者の広場

 今年の冬はとっても寒いですね! 聞くところによると、九州でも雪が降ったとか!
 そんな寒い寒い冬ですが、素敵な投稿をたくさん、ありがとうございました!
 今回のテーマは「雪景色と手塚キャラ」! 毎年たくさん雪が降る地域の人も、そうでない人も、キャラクターと一緒に寒さを吹き飛ばしましょう!


今月投稿を採用させていただいた方には、こちらのプレゼントをお送りします!

今月号のプレゼントは!

 

投稿たくさんありがとう!




テーマ投稿 雪の風景

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 のんみ さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 みづき さん

こんにちわ(^o^)丿

今月のテーマは「雪の風景」という事で、
雪だるまみたいなのを描きました。
(真ん中のでかいのは雪だるまとみてください)


本当は和登さんが写楽を追いかけてるのを描きたかったんですけど…
和登さん…難しくて…挫折してしまいました((泣
代わりと言ってしまってはなんですが…
巨大スパイダーで(勝手に)補いました(T_T)



写楽大好きっっっ☆

 

こんにちは。


今回は「雪の風景」がテーマということなので、
雪が降ってきて、銀世界に変わっていくのを、少し大人になったサファイアが楽しんでいる様子を描きました。


サファイアのリボンをどうしようかと悩みました。
赤いリボンはサファイアのトレードマークなので描きたいけれど、コートの色や帽子なども赤色にしようと思っていたので、リボンを入れると色がかぶってしまう…と、とても悩みました。
そんな中で、一番しっくりいったのがこれでした。


微妙な赤の違いが分かって頂けると嬉しいです。

【投稿者】 のんみ さん   【投稿者】 みづき さん

 難しいキャラクターは無理に描かなくても大丈夫です! 動作や背景なども難しいですよね。好きなキャラクターを、自由に描いてみてください。
 巨大スパイダー、よく描けています。

編集  写楽の目がみょうに純粋!! かわいいです。
 
のむら

 背景を丁寧にむらなく塗っているところと、雪の表現が素敵ですね! 雪は主線を描かず、色塗りをしない部分を作って表現していて、雪らしさが綺麗に表現されていますね。この雪が一番描きたかった所だったのではないでしょうか? サファイアが見上げている、画面上部の雪は比較的はっきりと描き、下のほうの雪はぼかして描いてあるのも、リアルですね。
 背景といえばもう一点、白樺がさりげなく良いです。茶色の模様が入っていて、アクセントになっています。
 人物に赤を着せたのも良い配色ですね。自然とサファイアが青い背景の中で目立ちます。

編集  赤いコートがオトナっぽくてかっこいいです! 女王らしい、とっても品の良いかんじです!

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより 【投稿者】 零太 さん

【投稿者】 零太 さん

これまたマイナーな内容でございます。七色いんことホンネの家族です^^


ある雪の朝に、いんこが、庭でホンネ達が作っている七色いんこの雪だるまを目撃したようすです。たぶん私にしか分からないことを彼らがやっていることがあるかもしれません・・・・そのときは大目にみてやってください!!


私はホンネ達が愛おしくてたまりません><とってもナイスなんです!彼ら!!


前回はことごとく自分の絵だったので、今回は手塚先生を意識してみました!全然近づけられませんでしたが・・・汗


ブラックジャックは携帯の待ち受けにしてるほど大好きなので次回はブラックジャックと七色いんこのコラボに挑戦で! 笑
いろんなキャラクターにチャレンジしていきたいと思います!
いずれはリボンの騎士を描けるようになりたい・・・><


のむら

「ホンネ」に悩まされるいんこ。それぞれのキャラクターの性格がよくかけていますね。零太さんの頭の中で、「ホンネ」たちが生き生きと暴れているのがよく分かります。「ホンネ」家族にそれぞれ役割を持たせて、彼ららしい動きをさせているのが良いです! いんこの表情もナイス!


編集

「ホンネ」たちの動きがいろいろおもしろーい!! いんこも災難です><。。


その他 投稿ありがとうございました!

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 でぽぽん さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 館長 さん

久しぶりの「手塚作品日本地図」投稿です。まずは,「富山県」と「石川県」が見つからなかったこと,大変中途半端でごめんなさい。もし見つかったら随時投稿していきます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて,みなさんは今回の地図のレイアウトが微妙に変わったのに気づいてくれたでしょうか。微妙に文字の字体や大きさを変えたりしたのですが,最も大きいのは新コーナー(大げさか)『ここで読める!』の追加です。その場所の確認できる単行本のタイトルと値段を記載させていただきました。もしよければご参考にどうぞ(^^)

 

魔神ガロンでこんな感じのソフビ人形があったら即買いなのに、
と思っていても、なかなか自分が欲しいものは商品化されないので、
やっぱり自作しました。
とはいえ自分でソフビには出来ないので、
残念ながらいつもどおり石粉粘土製です。
昭和40年代のマルサンのソフビ人形をイメージしたプロポーションですが、
岩が集まってできたように表面のデコボコを強調しました。
足に炎模様を描きこんだところが見せ場だと思っているのですが、
これは昔のブリキ鉄人28号(炎足バージョン)を真似たものです。
なかなかいい感じに仕上がったと満足しています。

【投稿者】 でぽぽん さん   【投稿者】 館長 さん
編集  これはまた親切かつ丁寧な地図です! すごいですね! 富山県、藤子不二雄先生の出身地なのですが、手塚先生は訪れていないのかしら……!? 石川県といえば、金沢が有名ですよね。だれかキャラクターが観光に訪れていないのか……!? 読者の皆様も、情報求む!
 
のむら

 原作よりも少しずんぐりしたガロン、ソフビ人形のイメージなのですね。顔の表情がバランスがよいですね。手塚先生のガロンより厳しい表情で、「怖いロボット」の風体がよく表されています。足元の炎のマークはオリジナルだそうですが、ガロンの目が赤色なので、色のバランスとしてここに配したのは良かったと思います。

 体の溝はガロンの特徴ですが、この溝の深さを統一したほうが、よりシャープな仕上がりになると思いますよ。溝の線もまっすぐに統一すると、ガロンの硬い岩の雰囲気がよりいっそう出ると思います。

編集  足の炎もようは鉄人のものだったのですね! ガロンにも案外似合う!??

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 館長 さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 のりみ さん

二体並行して作っていたロックと山之辺マサトが完成しました。
いつものように石粉粘土で、塗装にはプラモデル用カラーとアクリルガッシュを使っています。
以前作った猿田博士と並べて写真を撮りました。


「未来編」は一冊の中で30億年もの時間が流れていくという壮大なストーリーに驚愕します。
「火の鳥」全体の流れの中でも最も重要なエピソードで、漫画史に残るような名シーンもてんこ盛り。
悪役なのにやけに人間臭い面も見せるロックがとても魅力的なキャラクターで大好きです。

 

あけましておめでとうございます。


2011年は卯年ということで、「W3」のボッコです。
年に1回の毎年恒例、夫婦合作です。
私がイラストを描いて夫が台詞を入れました♪


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

【投稿者】 館長 さん   【投稿者】 のりみ さん
のむら

 館長さんの手塚キャラクターの立体化はいつも感心してしまいます。猿田博士の髪の毛やひげの流れやすじ、生え際の表現など細かいですね! 猿田のぼさぼさのひげや髪の毛が実によく表現されています。マサトの目を塗りわけているところも細かいですね。体の曲線の表現や重心の取り方の絶妙さはいつもの通りです。

編集  ロックもマサトもかっこいいんですが、猿田博士の立体化の観察力はファンならではですね! 猫背ぎみの立ち姿など、とってもリアルです。
 
のむら

 ボッコはとてもよく描けていますね! 足の感じやポーズなど、かわいさがよく出ています。セリフでギャグを取り入れるのが面白いですね! ネタはちょっと、マニアックすぎて分かりにくいけど…(苦笑

編集  年賀状ありがとうございます! やっぱりウサギといえばボッコですね!

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 ナッキー さん

 

TezukaOsamu.netの投稿コーナーより【投稿者】 みづき さん

BSで「三つ目がとおる」を見てます!
原作とは違うテイストもあってとても面白いです。
三つ目のときの写楽の高笑いが好きです。

 

こんにちは。


アトムを赤ちゃんっぽく可愛らしい感じにして、
幸せそうに眠っている様子を描きました。


ほのぼのとした雰囲気が伝わればいいなと思います

【投稿者】 ナッキー さん   【投稿者】 みづき さん
のむら

 背景は遺跡などの写真を使っているのでしょうか? 単に、写真をコラージュするだけでなく、ピラミッドの写真は上下さかさまに使ったりなど、模様のようにして使っているところに工夫を感じます。色も暗い色にしているので、イラストとあわせても浮いていません。キャラクターも主線をあまり使わず、ハイライトと影で表現していて、それが背景の写真素材に溶け込んでいます。こういう表現は難しかっただろうと思いますが、よくかけています!
 コンドルを真ん中において画面を二つに分けているところも、テーマが分かりやすくていい構図です。二人の写楽の人格の違いが分かりやすくなっています。

編集  アニメの写楽くんかっこいいですよね! 私はあれで「三つ目」のファンになりましたよ!
 
のむら

 頭身も低めにして、また、体をやわらかい感じに描いていて、いかにも生まれたての赤ちゃんのようですね。シンプルなラインも絵の雰囲気によくあっています。曲線もとても丁寧に描かれていますね。
 影の部分が水色ですが、陽だまりの感じを出すのであれば、水色ではなくもっと濃い色の青色を使って塗っても良かったかもしれません。

編集  おっ! なんだか「春」を感じさせるイラストです! あったかーい。



3月号 投稿コーナー予告!

投稿はtezukaosamu.net投稿コーナーからでも、メールでも、郵送でも結構です。
虫ん坊投稿と分かるように、宛名や投稿タイトルに「【虫ん坊投稿】と」かいておいてくださいね。


※今回の締め切りは、いつもより少し早いので気をつけて!


 手塚キャラクターのイラスト募集!

大人気の『リボンの騎士』や『ブラック・ジャック』他、あなたの大好きなキャラクターを投稿してみよう!
もちろん、マイナーな作品でもOKです!


 アナタの町の手塚キャラ・・・

冬休みの間に、手塚を見つけたらぜひ!
飯能市のアトム像、宝塚市の記念館前の火の鳥のみならず、案外いろいろなところに点在している手塚キャラクター。町で見かけた手塚キャラを写真にとって送ってみよう!


撮影場所を市町村単位で書いて送ってくれるとなおGOODですが、プライバシーにかかわる場合は伏せてもオッケーデス。画像の質は特に問いません。気軽に撮って送ってね。




そのほか、自由な題材での投稿も随時、応募しております! ふるってご応募ください!
投稿はコチラ!!


メールや投稿ページからの投稿の場合、虫ん坊コーナーへの投稿だということが分かるように、「【虫ん坊投稿】」などの文字を件名に入れてね!

 

メールはこちらから、
tezukaosamu-net-guide@tezuka.co.jp

郵送で:
〒169-8575
東京都新宿区高田馬場4-32-11
株式会社手塚プロダクション TezukaOsamu.net 投稿係

3月号掲載は、2011年2月16日(水)までにいただいたものとさせていただきます。来年4月号以降にも、いただいた投稿を掲載していきます。


戻る