TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記

オススメデゴンス!:2010年4月号『鉄腕アトム』より青騎士の巻 (『鉄腕アトム』 15巻所収)

 今月の「オススメデゴンス!」では、姫川明ひめかわあきら先生によるリメイク版で登場、わらび座ミュージカル「アトム」でもキー・エピソードとなっているらしい!? 青騎士あおきしを紹介します。姫川先生の作品を読んでから、改めて原作にあたってみるもよし、ミュージカルを見る前に読むもよし、とにかく今年の4月もっともアツイ「アトム」ですよ!

解説:
 「青騎士の巻」は『少年』の1965年10月号から、1966年3月号にわたって連載されました。
  その頃盛んだった、学園闘争などの影響もあって、正義の味方・アトムのキャラクターをもっと反抗的なものにしてはどうか、と言ってきた編集者の意見を取り入れたという「青騎士の巻」のアトムは、人間達のあまりの横暴に堪えきれず、とうとう人間に反目するロボットとして描かれています。
  しかしこの路線変更は、読者にはあまり快く受け入れられなかったようです。アトムの性格を変えてから、アトムの人気は目に見えて落ちていった、と手塚治虫ものちに回想しています。


<Amazon:鉄腕アトム(15) (手塚治虫漫画全集)


読みどころ:

 アトムといえば、常に、人間とロボットの幸福を願って戦い続けるヒーローだし、またそうであって欲しいと思うのがファンの心理です。また、いつまでも子供らしい無邪気なアトムでいてほしいと思うのも。そんなアトムファンにとっては、この「青騎士の巻」のエピソードは、ちょっと胸の痛む話なのではないでしょうか。

 

オススメデゴンス!:2010年4月号『鉄腕アトム』より青騎士の巻

 ある事件をきっかけに、人間を憎むようになってしまったロボット「青騎士」は、人間に都合よく作られた法律だとしてロボット法を破り、世界各地で人間に復讐をするためにロボットの働く工場を破壊、人間に戦いを挑みます。
  「青騎士」型ロボットの共通点を知った人間は、「青騎士」型と見られるロボットを無差別に逮捕し、分解しようとします。人間のあまりの横暴にアトムはとうとう青騎士と手を握り、日本アルプスの山奥に他のロボット達とともに立てこもります。


 今までも何度か、例えば「悪魔の風船の巻」や「白熱人間の巻」のように、アトムが人間達から疑惑の目を向けられたことはありましたが、そのたびにアトムは悲しそうな、寂しそうな顔でじっと耐えていました。そのアトムが、この「青騎士の巻」ではついに人間に対する怒りをあらわにします。あのアトムが怒りにうち震えているというだけでショッキングですが、人間達の「青騎士」型ロボットの一斉検挙(陣頭指揮はなんとあの田鷲警部なのです!)のシーンを見れば、アトムが怒る気持ちも分かる気がしてしまいます。

 

オススメデゴンス!:2010年4月号『鉄腕アトム』より青騎士の巻 オススメデゴンス!:2010年4月号『鉄腕アトム』より青騎士の巻


 とはいえ私達人間には、田鷲たわし警部たちの気持ちもよく分かるもので、ほとんど無差別に人間を殺して歩く「青騎士」や、「青騎士」のように怒りに回路を狂わせてしまう可能性のあるロボットと、互いに信頼しあって付き合えるか、といえば、なかなか難しいところなのかもしれません。

 

 ロボットと人間の間にこのような危機が訪れたとき、もし自分が人間としてそんな時代に居合わせたら、それでもロボットと仲良くなっていけるのだろうか…? そんな疑問を、改めて抱いてしまう考え深い作品であることは否めません。

 この「青騎士」の事件の後、決定的に壊れてしまったアトム。迫害を受けながら最後は人間を信じた彼を抱くお茶の水博士の悲しげな後姿に、胸が締め付けられるラストです。」




オススメデゴンス!:2010年4月号『鉄腕アトム』より青騎士の巻






戻る