TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


トップ特集1特集2オススメデゴンス!コラム投稿編集後記

オススメデゴンス!:2010年2月号「るんは風の中」

 2月の目玉行事といえば、やっぱりValentine's Day! と女の子が好きな男子にチョコをプレゼントする、というのも日本ではおなじみの風物詩。最近は男の子のほうからチョコを女の子にあげるのもアリ、御世話になったお友達や同僚、上司や家族にチョコをあげるのもアリ、と友チョコ・義理チョコをあげる人もおおいんじゃないかな・・・。

 虫ん坊2月号、今回の「オススメデゴンス」では、ちょっと変わった恋愛ものをひとつ、紹介するよ!

 

解説

 「るんは風の中」は、1979年、『月刊少年ジャンプ』4月号に掲載されました。講談社手塚治虫漫画全集・『タイガーブックス』第8巻のあとがきによれば、同シリーズに収録された短編の中でも特に「自信作」の中の一つとのこと。



<Amazon:タイガーブックス (4) (手塚治虫漫画全集 (124))


読みどころ:

オススメデゴンス!:2010年2月号「るんは風の中」

 手塚治虫が「自信作」と太鼓判を押すだけあって、この「るんは風の中」は短編でありながら、様々な魅力が備わった、不思議な作品になっています。

主人公・豊田明が通学路のガード下で見つけた美少女・るんは、ポスターでした。明はるんをはがして家に持ち帰り、自分の部屋に貼ります。

 

 

 

 

 


 何の違和感もなく、ポスターのるんと会話をする明に、読者ははじめ、戸惑うことでしょう。ポスターと会話するなんて、この明というやつは暗いやつだ、と思う人もいるかも知れません。漫画ならではのSF的な設定なんだな、と思う人もいるでしょう。

 事実、始めは明るそうに見えた明ですが、実は今の学校になじめず、「サバクのまん中にとり残されたみたいな」暗い学生生活を送っていたのです。るんのような、2次元の住人と言葉を交わす事ができたのも、あるいは明が現実の生活に今ひとつなじめず、疎外感を感じていたからなのかもしれません。







オススメデゴンス!:2010年2月号「るんは風の中」


オススメデゴンス!:2010年2月号「るんは風の中」


 明とるんは次元の違いに隔てられていて、るんはあくまで異次元から語りかけるだけのガールフレンドです。遠距離恋愛で電話だけがつながり、というカップルと似ていますが、決して本当には会う事のできない、るんと明の方がずっと悲劇的です。なにしろ人間とポスターですから、幸せな結末が望めるわけでもないのに、明はるんに真剣に悩みを打ち明け、るんは懸命に落ち込みがちの明を励まします。るんが明を励ます言葉には、「ポスターでしかない」るんの悲劇がにじんでいて、何度読んでもちょっと切なくなるのです。


 人間とポスターの友情物語、というちょっと風変わりな設定ながら、決してキワモノではなく、爽やかな後味で楽しめる短編です。







戻る