TezukaOsamu.net/jp > 虫ん坊


次の虫ん坊以前の虫ん坊 虫ん坊:2009年12月号
特集1:手塚治虫ファン大会2009 研究発表者インタビュー 研究発表「手塚治虫と大阪」 田浦紀子さん

11月7日(土)渋谷シダックスホールで開かれた「手塚治虫ファン大会2009」。今年初の試みとして、ファンの方による手塚治虫をテーマにした研究発表が披露されました。
虫ん坊では、研究発表をされたお二人のファンにインタビュー、研究発表後の心境などを聞きました。
12月号では、「手塚治虫と大阪」のタイトルで発表をした田浦紀子さんのお話を紹介します!

特集1


特集2:国書刊行会 復刻版シリーズ舞台裏 「手塚治虫オリジナル版復刻シリーズ 全3巻」企画・編集者インタビュー


お二人ツーショット。
左が企画者の濱田さん。
ファンマガジンの読者にはおなじみです。
右が編集者の樽本さん。

「憧れの作家の幻の作品」というのは、いつの世もファンの心を躍らせるものです。
  手塚治虫の場合、単行本化する際に必ずといってよいほど、原稿の編集が入る、というのは、ファンの間では有名。雑誌に連載されたそのままを今のファンが読むのは至難の業なんです。
  全集で読める作品でも、オリジナル版を読んでみると、ぜんぜん読んだこともないエピソードがのっていた、という発見があるらしい。そんなオリジナル版を雑誌掲載時そのままに復刻しちゃおう! というファンにはうれしい挑戦が、最近続々と具体化されています。
  そんないろいろな企画の中から、今回は国書刊行会から出る「手塚治虫オリジナル版復刻シリーズ 全3巻」にスポットを当て、企画者の濱田高志さん、編集者の樽本周馬さんにお話をききました。

特集2


特集3:写真でみる 映画「ATOM」香港&LAプレミアのもよう

映画「ATOM」は中国・アメリカでも公開され、話題を呼んでいます。
中国では「アトム」をあらわす「阿童木」、アメリカでは「ASTRO BOY」というタイトルでの公開となりました。
それぞれの国では、盛大なプレミアが行われ、多くの人が応援に駆けつけてくれました。

特集3


オススメデゴンス!:ブラック・ジャック 〜ブラック・クイーン〜

今月の虫ん坊「オススメデゴンス」では、『ブラック・ジャック』より「ブラック・クイーン」をご紹介いたします。
週刊誌で連載されていたこともあって、ときどき時節ネタが描かれる『ブラック・ジャック』ですが、今回はクリスマスネタ、ということでちょっとロマンチックな一本です。






オススメデゴンス!


コラム:「虫さんぽ」第7回:杉並区荻窪・手塚ファン大会のルーツを訪ねる!!の巻 (写真と文/黒沢哲哉)

手塚治虫先生と、手塚マンガにゆかりのある地をぶらりお散歩。どんな出会いと発見があるでしょうか…。

 先ごろ開催された『手塚治虫ファン大会』楽しかったぜ〜〜〜っ!! 参加された皆さんの感想はどうだっただカナ。参加できなかった人も次回はぜひ! ということで今回の虫さんぽは、そのファン大会のルーツともいえる「あるイベント」が開催された場所を歩いてきた。36年前、この街でいったいナニがあったのかっ!? さっそく歩いてみよう!!

コラム


投稿:虫ん坊読者の広場

虫ん坊12月号に投稿、ありがとうございました! 今月は4人のかたが投稿してくれました。
  投稿コーナーから【虫ん坊投稿】のタイトルで投稿してくれたみなさんの作品には、手塚プロ社員にして元手塚治虫アシスタント・のむらからのコメントをつけさせていただきました。

4人の方には、プレゼントとして、2010年手塚治虫カレンダーと、手塚グッズをお送りいたします。楽しみに待っていてくださいね〜!



投稿


編集後記:今月のひとこと

今回『オススメデゴンス』の再録を編集中に、こんなコマを見つけました。

ロックとこのみがデートしているレストランに来店する先生一家!
このみさんとロックの会話を、やけに気にしてる先生がお茶目です。
先生の隣に座っている女の子はるみ子さん?! お向かいは奥さまですねー。
前後のコマにもいます。
もうファンの間では有名なのかなー。

担当:いとう