マンガwiki

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > マンガwiki > ミクロイドS(ミクロイドZ)

ミクロイドS(ミクロイドZ)


ストーリー紹介

  • 画像をクリック
  • 人類絶滅をたくらむ昆虫軍団と、それを阻止すべく立ち上がった3人の昆虫人間の戦いを描いた、SFパニック活劇です。
    昆虫から進化した高等生物ギドロンは、アメリカのアリゾナ砂漠の地下深くに巨大帝国を築き、公害をまき散らす人類から、地球を奪い取るべく侵略計画を進めていました。
    そのギドロンに奴隷として使われていたミクロイドのヤンマは、人間にその危機を知らせるために、アゲハ、マメゾウのふたりと共に巣を脱走しました。
    ミクロイドというのは、人間と同じ祖先を持ちながら、昆虫に育てられ、縮小化して翼を持った、昆虫と人間の中間的な生き物なのです。
    しかし、日本へ着いたヤンマたちの警告を真剣に受けとめたのは、ノーベル賞学者の美土路博士と、その息子のマナブだけでした。
    やがて昆虫たちの一斉攻撃が始まりました。
    ヤンマの兄ジガーの率いる昆虫の大軍団が、人間を襲いはじめたのです。
    至る所に人間の死体の山が築かれ、街はみるみる廃墟と化していくのでした。
  •  

電子書籍

キャラクター


  • ヤンマ

    アゲハ

    マメゾウ

    美土路マナブ

    ジガー

    ゼルギ

    ノラキュラ

    人虫

    美土路博士

    ゴライアス

    ミチコ

    マイマイ
         
UP

wiki

  • 解説

    1973/03/26-1973/09/03 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)連載

    この作品は、テレビアニメの企画と同時に考えられたもので、「巨大化するヒーローではなく、超小型化するヒーローを」というアニメ製作会社・東映動画のリクエストに応じて、手塚治虫が原案・設定をつくりました。
    従って、マンガとアニメでは、基本設定と主要キャラクターは同じですが、ストーリーはかなり違うものとなっています。
    タイトルは、当初、手塚治虫は「ミクロイド」としていましたが、製作会社側で"Z"を付け加えました。
    そのため雑誌連載の第1回目は「ミクロイドZ」として始まりましたが、その直後に、アニメのスポンサーが時計メーカーの"セイコー"に決まったため、ライバル会社の"シチズン"を連想させる"Z"をやめ、セイコーの頭文字"S"を使った『ミクロイドS』に変更になりました。 解説の書き込みはこちらから
UP
  • レビュー

    nnh  さん  オススメ度:★★☆☆☆   2014/06/12
    言ってしまえばかなりプラカード臭い作品
    ただ、誰かに聞かせるための説教というよりは氏自身への戒めや懺悔のようなものかもしれない

    でぽぽん  さん  オススメ度:★★★☆☆   2010/09/07
    古い話だと思って,甘く見ていましたが,最後の20ページで不覚にも(失礼ですね。)泣きそうに…というよりも考えてしまいました。さすがに,話中のように襲ってくるとは思いませんが,ありうるかも…と一瞬ながら考えてしまうことと思います。

  • 表示件数:
  • レビューの書き込みはこちらから
UP
UP

サブタイトル

  • サブ情報がありません。
UP

アニメ