マンガwiki

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > マンガwiki > 月世界紳士

月世界紳士


ストーリー紹介

  • 画像をクリック
  • 日本の有名な昔話「竹取物語」の設定を、現代に置き換えて描いたSFファンタジーです。
    ある村にロケットが落下しました。
    三日月博士ら、科学者たちがそれを持ち去ったあと、村のおじいさんが、そこで卵から生まれた赤ん坊を見つけます。
    赤ん坊はサヨコと名付けられ、おじいさんとおばあさんに育てられました。
    やがて成長し、天才少女発明家となったサヨコの元には、お婿さん候補が押しかけます。
    けれども、サヨコには結婚する気はなく、お婿さん候補たちに難題を出して困らせます。
    実はサヨコは、月の裏側に住む月世界人だったのです。
    三日月博士らが発明した、月の裏側を見透す逆光波望遠鏡が完成したら、地球人に月世界の秘密が知られてしまう。
    サヨコは、その調査のために地球へ送りこまれたスパイだったのでした。
    サヨコは、逆光波望遠鏡の完成を妨害しようとしたことを、探偵の壇原英次郎に見破られてしまったため、ロケットで月へ逃げます。
    ところが、そのロケットにはケン一も乗っていました。
  •  

電子書籍

キャラクター

UP

wiki

  • 解説

    1948/11/20 単行本 不二書房

    この作品は、最初は、1948年にオール2色カラーの描き下ろし単行本として発行されました。
    発表当時、月の裏側は人類にとっていまだ未知の世界であり、手塚治虫がその未知の世界に空想をひろげて描いた、現代版「竹取物語」です。
    「竹取物語」というのは、10世紀前半に描かれた作者不祥の物語です。
    竹から生まれたかぐや姫が、成長して、5人の婿候補に難題を出して困らせ、十五夜の晩(旧暦8月15日の夜、日本では団子や神酒を供えて月を祭る習慣がある)、迎えの天人たちに連れられて、月へ帰っていくというお話です。
    『月世界紳士』は、最初の単行本から3年後の1951年、雑誌「漫画少年」10月号の付録として『新編 月世界紳士』が、新たに描きおこされました。
    講談社版手塚治虫全集に収録されているものなど、現在知られているものは後者です。 解説の書き込みはこちらから
UP
UP
UP

サブタイトル

  • サブ情報がありません。
UP

アニメ

  • この作品は、アニメ映像化されておりません。
  •