マンガwiki

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > マンガwiki > 世界を滅ぼす男

世界を滅ぼす男


ストーリー紹介

  • 画像をクリック
  • 終戦を迎えたとはいえ、まだ戦争の記憶も新しかったであろう1954年の10月に発表されたこの作品には、戦時下にある未来の日本が描かれています。
    戦闘機に乗っていた兄の正太を亡くした一ノ谷良一は、自らも航空兵学校を卒業、空軍に入ります。兄を撃墜した優秀な敵機「アンタレス」を撃って兄の敵を討とうと志す良一は、丹下という隻腕の上官に戦闘機の操縦を教え込まれ、ついに「アンタレス」と互角に戦えるまでになります。
    航空兵を主人公にし、戦争をテーマにしたこの作品にも、手塚治虫がさまざまな作品で一貫して訴え続けていた反戦のテーマが色濃く表れています。主人公の一ノ谷良一一飛曹、そのライバルの「アンタレス」を操縦するルノー中尉、一ノ谷の上官である丹下もまた、兵隊でありながら戦いを厭い、平和を望む人間の一人として描かれています。
    国同士が戦争をしているという、ただそれだけのために、殺しあわなければならない…そんな運命がどれほど理不尽か。これほどの重いテーマをきわめて平易に、親しみやすく、時には息抜きのギャグもはさんで描き出したこの作品は、そのテーマ性だけでも充分に味わい深いのですが、主人公の一ノ谷良一をあの"アトム"が演じていることもひとつの見どころです。戦いを厭いながらも、その中に身を投じなければならない青年を演じるには、まさにぴったりの役どころともいえるでしょう。
  •  

電子書籍

キャラクター

UP

wiki

UP
UP
UP

サブタイトル

  • サブ情報がありません。
UP

アニメ

  • この作品は、アニメ映像化されておりません。
  •