イロイロwiki

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > イロイロwiki > イベント > 『描[か]く!』マンガ展 〜名作を生む画技に迫・・・

イベント



  • 2015/11/21 〜 2016/01/24
    『描[か]く!』マンガ展 〜名作を生む画技に迫る−描線・コマ・キャラ〜

  • (2015/11/18)

  • 『描く!』マンガ展 が、北九州市漫画ミュージアムに巡回します。


  • (C) さいとう・たかを (C) KIYOHIKO AZUMA / YOTUBA SUTAZIO

    会 期:2015年11月21日(土)〜2016年1月24日(日)

    会 場:北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
          (福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity5階)

    開館時間:11:00〜19:00(入館は18:30まで)

    休館日:火曜日(12月29日と1月5日を除く)、年末年始(12月31日〜1月2日)

    出品作家:赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫、藤子不二雄(A)、水野英子、
            あずまきよひこ、さいとう・たかを、島本和彦、竹宮惠子、平野耕太、PEACH-PIT、
            陸奥A子、諸星大二郎

    観覧料:一般600円(常設展セット券800円)
          中・高生300円(常設展セット券400円)
          小学生150円(常設展セット券200円)
          ※30名以上の団体は、上記料金の2割引になります。
          ※小学生未満は無料
          ※障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料
          ★一部作品については、12月22日に展示替えを行います。

    内 容:
    日本人はこんなにマンガを描いてきた
    マンガを「描く」「人に見せる」「たのしむ」という、マンガの本質的な営為に着目し、優れたマンガ家たちの卓越した作画技術を紹介するとともに、そ の時代背景をさまざまな視点から改めて見つめ直します。戦後から現在まで、マンガというメディア文化の多様な展開とさらなる可能性を、ぜひご鑑賞、ご体感 ください。


    第1部 すべての夢は紙とペンからはじまる
    不朽の名作を生み出した巨匠たちの子ども時代やデビュー前後の貴重な作品の数々を紹介。

    赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫、藤子不二雄(A)、水野英子


    第2部 名作の生まれるところ −マイスターたちの画技を読み解く
    現代マンガの最前線を走るマンガ家8名の作品を展示。独自の描線や画面構成の「技術」を原画や拡大パネル等で紹介。マンガ家・田中圭一による技法解説も必見。

    あずまきよひこ、さいとう・たかを、島本和彦、竹宮惠子、平野耕太、PEACH-PIT、陸奥A子、諸星大二郎


    第3部 「描く」ちからは未来へつづく
    マンガを「描く」ための様々なガイドやツールを一挙に紹介。アナログから最新のデジタルツールまで、いろんな「描く」を体験。


    トークイベント:

    1.『描く!』マンガ展 みどころガイド
    「『描く!』マンガ展」の開催を記念して、北九州漫画ミュージアムの専門研究員が本展覧会のみどころを詳しくご紹介します。
    また、ゲストとして、当館の研究アドバイザーでもある、明治大学准教授の宮本大人先生を迎え、出展各作家の歴史的位置付けや、マンガ研究の視点からみた本展覧会の意義など、幅ひろくお話しする予定。

    日 時:2015年11月21日(土)14:00〜16:00
    講 師:表智之(当館専門研究員)
    ゲスト:宮本大人(明治大学准教授/当館研究アドバイザー)
    参加費:無料(「『描く!』マンガ展」の当日入場券が必要です)
    定 員:50名・先着順
    申 込:11月3日(火・祝)11:00よりお電話にて承ります
    ※事前申込が必要です。
     (1)「漫画ミュージアム企画係」にお電話ください。 → TEL:093-512-5077
     (2)氏名・年齢・ご連絡先(電話番号) をお伝えください。


    2.竹宮惠子のマンガ道〜描く・見せる・教える〜
    「『描く!』マンガ展」の開催を記念して、出展作家のお一人である、マンガ家の竹宮惠子先生を迎えてのトークイベントを開催いたします。
    1970年代に少女マンガを革新した「花の24年組」の一人であり、「風と木の詩」「地球[テラ]へ・・・」などの代表作で広く知られる竹宮先生ですが、同時に、京都精華大学で長く教鞭をとっておられる教育者でもあります。
    今 回のトークイベントでは、マンガを「描く」喜びに目覚めた頃や、描いたものを人に「見せる」ための工夫、そこから得られたものなど、デビュー前のお話から、「風と木の詩」であつかった“少年愛”など、新たなジャンルを切り拓く苦心と工夫、そして、教壇に立ち、後進の描き手を育ててきた経験から見えてきたものなど、様々なお話をうかがう予定。

    日 時:2015年12月20日(日)14:00〜16:00
    出 演:竹宮惠子(マンガ家・京都精華大学学長)
    参加費:無料(「『描く!』マンガ展」の当日入場券が必要です)
    定 員:80名・先着順
    申 込:11月18日(水)11:00よりお電話にて承ります
    ※事前申込が必要です。
     (1)「漫画ミュージアム企画係」にお電話ください。 → TEL:093-512-5077
     (2)氏名・年齢・ご連絡先(電話番号) をお伝えください。


    3.田中圭一×伊藤剛「ペンが語る、画技のひみつ」
    「『描く!』マンガ展」の開催を記念して、マンガ家の田中圭一先生と、本展の監修者である伊藤剛先生を迎えてのトークイベントを開催します。
    本展覧会では、出展各作家の描線や画面構成、キャラ造形など様々な“画技”に迫るべく、田中先生に解説をお願いしました。各作家の画技を徹底的に模写し、その秘密を身をもって会得した上で、解説を描きおろしていただいています。
    このトークイベントでは、田中先生にその模写と会得の成果を実際に披露していただきつつ、展覧会を監修・構成した伊藤先生の詳細なコメントと共に、各作家の“画技”のひみつを解き明かします。

    日 時:2016年1月10日(日)14:00〜16:00
    出 演:田中圭一(マンガ家・京都精華大学准教授)
    伊藤剛(マンガ評論家・東京工芸大学マンガ学科准教授)
    参加費:無料(「『描く!』マンガ展」の当日入場券が必要です)
    定 員:80名・先着順
    申 込:12月3日(木)11:00よりお電話にて承ります
    ※事前申込が必要です。
     (1)「漫画ミュージアム企画係」にお電話ください。 → TEL:093-512-5077 
     (2)氏名・年齢・ご連絡先(電話番号) をお伝えください。


    詳しくは、北九州市漫画ミュージアムHPをご覧ください。

    問い合わせ先:
    北九州市漫画ミュージアム
    TEL 093-512-5077


    【主催】北九州市漫画ミュージアム

    【監修】伊藤剛(マンガ評論家・東京工芸大学マンガ学科准教授)

    【監修アシスタント】三輪健太朗(マンガ研究家・学習院大学)

    【企画協力】
      アートプランニングレイ、手塚プロダクション

    【特別協力】
      NPO法人 熊本マンガミュージアムプロジェクト、
      講談社、集英社、小学館、少年画報社、スクウェア・エニックス、
      GG7、ムービック、有限会社トランキライザープロダクト、
      よつばスタジオ、リイド社、pixiv

    【企画協賛】
      東京工芸大学マンガ学科、京都精華大学、
      株式会社セルシス、株式会社ワコム、
      デリーター株式会社、コミPo!
  •  

wiki

UP
UP
  • コメント一覧
  • 表示件数:
  • コメントを入れる ネーム  さん
    コメント