イロイロwiki

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > イロイロwiki > エッセイ > 手塚治虫エッセイ集第8巻

エッセイ



手塚治虫エッセイ集第8巻

  • 手塚治虫エッセイ集第8巻
  •  

内容紹介

  • ここには映画ファンという立場ではなく、映画をクリエイトする立場(つまりは同業者)の目から見た映画エッセイがまとめられています。アニメーション作家という立場でルーカスについて、スピルバーグや黒沢明について、あるいはウッディ・アレンについての文章が綴られています。「アニメ家族の断絶」と題された一文では、同じアニメなのにTVアニメや実験アニメ、コンピュータ・アニメに携わる人たちが互いに相手を無視している、ということを嘆いています。TVアニメは実験アニメを独りよがりだと攻撃し、実験アニメはTVアニメを低俗だと馬鹿にしている、という実情を前にして、同じアニメという文化に携わっているのに、どうして互いが互いを理解し合えないのか、と。日本におけるアニメーション作家の代表として、またTVアニメにも実験アニメにも同じ情熱で取り組んできたものとして、手塚治虫は真剣に日本のアニメーションの現状を改善したいと願い、アニメーションの未来に思いをはせていたのですね。

wiki

  • 解説

    (本書はキネマ旬報社より刊行された『観たり撮ったり写したり』(1987年)をもとに再編纂されたものです)
  • 解説の書き込みはこちらから
UP
UP