イロイロwiki

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > イロイロwiki > 絵本 > らびちゃんつきへいく

絵本



らびちゃんつきへいく

ストーリー紹介

  • とっても弱虫のらびちゃんは、いつも森の中で意地悪キツネにいじめられていました。そんならびちゃんのもとにある時人間がやってきて「らびちゃん、ロケットに乗って月に行ってくれないか? 」と誘うのです。らびちゃんは「こわいから、ヤだ!」と断るのですが、結局ロケットに乗せられてしまいます。ロケットの中でも泣いていたらびちゃんは、運転手のロボットうちちゃんに励まされ、月世界に到着。月の重力は地球の6分の一だから、らびちゃん大きな岩でも片手で持ち上げられるようになります。「きみは本当は強いんだよ」ロボットうさちゃんに囁かれ、らびちゃんはすっかり自信を持って地球へ戻ってくるのです。

wiki

  • 解説

    手塚治虫は子供の頃、いじめられっ子でした。だから彼のマンガは基本的に「いじめられっ子がいかにして自信を回復させて行くか」というテーマで描かれています。ロボットだからといじめられるアトム、人間の言葉を喋るせいで、動物たちから仲間外れにされるレオ、「本当は女だろう!」と執拗に追い回されるサファイヤ姫、顔に傷があるせいで薄気味悪がられているブラック・ジャック・・・。主人公はいつもいじめられっ子です。らびちゃんも同じです。いじめられっ子が「自分は本当は弱くなんかないんだ! いじめられっ子だって強くなれる」と信じられるようになる。これは手塚治虫がすべての子供たちに送りつづけたメッセージです。
  • 解説の書き込みはこちらから
UP
  • レビュー

    しろちゃぷ さん   オススメ度:★★★★★   2015/11/10
    NASAが新しく宇宙飛行士募集と聞き、昔宇宙飛行士に憧れていた幼稚園時代を思い出しました。

    きっかけは、「らびちゃん月に行く 」でした。

    懐かしくってネット検索したら、手塚治虫先生の絵本と知りビックリ!
    やっぱり手塚治虫先生は偉大です。

  • 表示件数:
  • 1 
  • レビューの書き込みはこちらから
UP