イロイロwiki

虫ん坊

TezukaOsamu.net/jp > イロイロwiki > 小説 > 蟻人境

小説



蟻人境

  • 蟻人境
  •  

内容紹介

  • チベットの奥地で道に迷った探検家が、水を求めて岩壁をよじ登った。そこで彼は異様な集落を発見する。そこは人間ではない別の生物が支配する場所だった。すなわち蟻人間である。探検家はこの蟻人たちが女王を中心にした、立派な文明社会を築いているていることに感じ入るのだった。彼は思う。もしこの蟻人たちとの間に正式な交流を持ちたいと考えるなら、その者は人類の代表として、彼らに敬意と友愛の念をもって接するべきだ、と。しかし、この探検家の思いは打ち砕かれることになる。それは蟻人たちが地下から無尽蔵の宝石を掘り返していることが知れたせいだった。蟻人たちが冬眠のために使う玉子状の繭を日本に持ち帰った探検家は、宝石に目がくらんだ悪党によって殺されてしまう。さらに悪党は日本の地下に蟻人境を建造しようとしている蟻人たちと手を組み、その見返りとして彼らの宝石を我が物にしようと画策する。もし蟻人境が完成したらそのときは、地上の都会は地下からの攻撃にさらされ崩壊してしまうだろう。それを知った中学生の章くんと私立探偵の鳳俊作は、地中深くから日本侵略を狙う蟻人たちとの戦いに巻き込まれて行く--。

wiki

  • 解説

    毎日新聞社(1983年)絶版 『手塚治虫漫画全集 384 別巻2』講談社(1996年)

    山間の夜道を走るタクシーの運転手が、突然道に飛び出してきた異形の人影に仰天する、という序幕部分からすでに、これはマンガで描いてもいいのではないかと思えるほど「視覚的」な面白さに満ちた作品です。地下洞窟での手に汗握る冒険、自衛隊と蟻人軍団との戦い、さらには東京壊滅と続くあれよあれよの展開も、ジュブナイルSFならではの魅力にあふれています。荒唐無稽な子供向け物語の体裁を取りながら、結果として都市計画の不備が改められないままなら、いつか日本にはこのような危機が訪れるだろうと、無秩序な公共事業で国土を荒らしまわっている政府を告発して締めくくるあたり、手塚治虫節を堪能できる一編です。
  • 解説の書き込みはこちらから
UP
  • レビュー

    www7hhkcom さん   オススメ度:★★★★★   2014/11/21
    秋冬モンクレールW発売、偽ブランドモンクレール アウトレット

    2014年11月22日(土)から12月4日(木)までモンクレール公式サイトで「モンクレールW・秋冬コレクション」の販売時間を掲載された。

    「未開拓の地への探求心、極限の地や孤島、極寒の地への冒険を求めてやまない男のための保護作用の高い服。www.7hhk.com ホワイトマウンテニアリングスポーツが愛好したあなたはテーラードコートをお買い上げて下さい。

    偽ブランド品に取り組む通販店で、人気なブランド新作コピーをリリース。もしブランド入手困難アイテムでも、また高かすぎると買えないブランド品でも、こちらスーパーコピー通販店がお手伝われる。格安費用をかかってハイクオリティーブランドスーパーコピーを購入し、初めてご来訪のお客様に安心で購入してブランドコピー代引きに対応。

  • 表示件数:
  • 1 
  • レビューの書き込みはこちらから
UP